風俗で働く女の子インタビューVOL.3

ウソの求人広告やサービス外を強要するお客に不信感を募らせた結末は!?

2017.2.17更新

偽りの広告や求人内容、サービス外の強要をするお客で信じられなくなった

ライターのYAEKA(ヤエカ)です。
いままでのアンケート回答の中から、気になった方へ、追加のインタビューの第3弾をお届けます!

S(30代)さんのインタビュー

Sさんが風俗のお仕事を始めたきっかけを教えてもらえますか?

詐欺被害に遭ってしまい、数日中に数万円の支払いをしなくてはならなくなったことがあります。そこで高額日払いの仕事と考え、求人誌とHPを何度も何度も見て、思い切って面接に行ってみました。

最初は何も分からず、時間もないので風俗店を選ぶのも難しかったですよね。

Sさんが今まで働いた風俗の仕事で一番良かったエピソード、また悪かったエピソードはありますか?

良かったのは、一番始めに働いたオナクラは、(今思えば)珍しいくらいの優良なお店でした。客用・求人用ともにHPがしっかりしており、ウソ広告もほぼなし。仕事内容も負担が少なく、当初の目標額もすんなり稼げました。
女の子同士の仲も良かったんです。連絡先交換禁止だったのが残念でした。


相性もばっちり、女のコとの関係もよいとは、働きやすい風俗店だったんですね。悪かった風俗店のエピソードも教えてもらえますか?

悪かったのは、求人の虚偽広告なんて当たり前、という事実が分かり始めた頃。広告やメールでのやり取りの内容と当然の違う条件で話をしてくる面接官たちに、何を信じていいのか分からなくなりました。ただ最近ではナイトワークに限らずよくあることのようですね。広告業界の方々に対しネガティブなイメージを持つようになりました。

優良店がある一方で、求人内容にウソがある風俗店もあるので、その見極める目は自分で養わないといけないということですね。

前に回答いただいたアンケートの「Q働いているお店で長く続けたいと思ったポイントは?」という質問で、Sさんは次のように答えてくれました。

スタッフさんが本当に良い方だった。スタッフさんの前で、仕事と全く関係ないプライベートなことで私がうっかり泣いてしまったとき、お店は客対応めちゃくちゃ忙しかったのに、2人いたスタッフさんの1人が私を別室に連れていって、涙が落ち着くまで話を聞いてくれました。今では辞めてしまったお店ですが、いくつか経験したお店の中でも一番優しいスタッフさんたちだったと思っています。

よいスタッフさんに支えられたことが、辞めずに続けられた理由ということですね。

スタッフが信頼できることは長く居たいお店の条件だと思います。さっき面接で広告のウソを当然のように…と書きましたが、あの時点で信頼できないお店は結局ダメだったなと今では思います。

誰にも聞けず、教えてくれる人もいないので、自分で経験しなければいけない。広告の内容と面接での説明が違うということが多かったということですね。

過去に働いていたお店を変えた理由もそういったことにあったのでしょうか?

稼げないなって思って、です。職種を変えた場合は、向いてないなとか。ちなみにライブチャットを辞めたときは、顔の見えない相手とコミュニケーション取るのがこんなに難しいなんて…と。会話が弾んでたと思っていたらいきなりブツっとアウトされたり。なかなかインしてもらえないときの焦りも心臓に悪くて、本当に向いてないと思って、そのお店もライブチャット自体も辞めることにしました。

相手の表情も見えないので難しかったということですね。

最初にライブチャットで勤めたお店は、この上ノルマがあったんですね。月何ポイント以上稼げないとお給料を出さない(もちろん広告では「ノルマなし」と書いてある)という。勤めることを決める前にお店に確認しておきたいポイントは、何軒か面接・勤務を繰り返してようやく分かってきた気がします。でもこれから始める子には、ほんとはそんなことで悩んでほしくないんですけどね…

Sさんのアドバイスは、経験の少ない女のコへ貴重なアドバイスになると思います。いろいろとつらい経験もされたSさんは、風俗のお仕事が嫌になったことはありますか?

男性恐怖症になりかけてることに気がついたとき。良いお客様もいらっしゃいますが、ときどき当たる嫌なお客が、日に日にわたしの男性全体のイメージを覆っていってしまうんです。電車の中で男の隣に座るのが嫌だったり…どんどん男嫌いになる自分を自覚したときですね

それはものすごくつらい経験をされましたね。嫌なお客のイメージが膨らんでいったと…

オプション代出さないくせに基本サービス外のことをしつこく要求する客はほんとに多かった。またピンサロでは具体的なNG行為が明示されていないのもあり、やりたい放題やる人がたくさんいました。そしてそれをスタッフも女の子も黙認している。男性に見下された扱いを受けることで、だんだん自分の価値に自信がなくなっていくのが耐えられなくなりました。このピンサロで完全に風俗を辞めることになりました。

Sさんが将来について考えていることを教えていただけますか?

現在は風俗を辞め、派遣で働いています。あと婚約者がいます。風俗を始めた頃は独り身だったので病気以外に気にすることは特にありませんでしたが、恋人ができたことで風俗から離れようと思いました。予定では、このお仕事でお金を貯め専門学校へ行きたいと思っていましたが、力及ばず。でも専門学校の先でやりたいことは、これからも諦めず目指していきます。

いま一番してみたいことは何でしょうか?

遠方に越してしまった友達が何人かいるので、会いにいきたいです。数年気持ちに余裕がなくて、昔からの友達と疎遠になりがちでした。これからは友人知人とのつながりを大事にしたいと思っています。まずは年賀状書かなきゃ。

今回のまとめ♪

インタビューに協力してくれたSさんからは、これから風俗を始める女のコへの貴重なアドバイスをいただけました。求人広告に偽りのあるお店やサービス外のことを強要してくるお客への接客など、そのようなことでSさんが風俗の仕事をあきらめる理由になったのはとても残念なことです。優良店もある中で、Sさんの経験が女のコにとって参考になることを願います。

次回のいちご白書は…

「身バレ対策で自分が気をつけていることやお店のよかった対応は?」という質問に集まった女のコたちの声をお届けします!そのコツなどにもフォーカスします!

関連記事
スカウト登録して1万円貰えるキャンペーン