稼げる風俗店の日記やブログ

スタッフや風俗店が稼ぐサポートしてくれた日記やブログについての女のコの声とコツとは!?

2017.3.15更新

スタッフが反響ある日記やブログの書き方を教えてくれた

ライターのYAEKA(ヤエカ)です。
女のコがより稼げるために、風俗店やスタッフがサポートしてくれるのが日記やブログ、写真の指導です。
今回はアンケートで集まった女のコの声をもとに、日記や写真で稼げるポイントについて追ってみました。

写メ日記の書き方を教えてくれた。こんなタイトルで書くといいよ、とか、こんな写真が載ってると会ってみたくなる!とかの男性目線での意見をくれた。(24歳)

スタッフは男性が多いので、男目線にアピールするレクチャーというのは納得がいきますね。

サイトやお店の紹介の欄に、胸のサイズだけでなく好きなファッションや下着の色や柄、 中には好きなブランドや食べ物のメニューまで載せて、お客さんが好みの子に行きやすくなって常連が増えた。(21歳)

具体的にこうなると、男心をしっかりとキャッチしていますよね。お客との会話もスムーズなり、常連客が増えたというのも分かります。

紹介文頑張ってくれた、おかげで顔だしなしでも電話が鳴りまくりました。(23歳)
アピールポイントを聞き出して店頭などでも押してくれた。(26歳)
積極的におすすめしてくれたり、日記の更新の仕方を教えてくれた。(30歳)

紹介文やアピールポイントがあるとスタッフもおすすめしやすい。日記は定期的に更新されていれば、お客の目にもとまりやすいと思います。こうした風俗店、スタッフに恵まれると稼ぎやすくなりますね。

写真撮影の写真は少しセクシーな下着にする。(26歳)
お店のブログに魅力的な写真を載せてくれて、それを見たお客さんがたくさん指名してくれた。(23歳)

日記やブログで使われる写真の効果は絶大です。撮り方ひとつでずいぶんとアピール具合も変わってきますしね。

やはり写真が大事なので撮影の際、服装やアクセサリーなどを選んで頂いたり、ブラに詰め物をして少しでも綺麗に写るようにして頂きました。(27歳)

風俗店のやる気や姿勢で、女のコの稼ぎもずいぶんと違ってくるのではないでしょうか。

撮影の前、お店側はどんな写真にしたいのかなど細かく打合せをしてくれるのでお互い納得のいく撮影になり指名も増えました。(27歳)
写メ日記の撮り方や定期的にメールや口頭でアドバイスなどをくれます。(25歳)

風俗店が稼ぐためのコツを知っているので、指示も細かくなるというわけですね。

写真を頻繁に新しいものに変えたり、お店のブログでオススメ紹介してくれたりします。(26歳)
風俗の仕事を初めて1ヶ月ちょっとですが、HPとかで色々とアピールしてくれました。(27歳)

女のコのアピールがしっかりしていると、風俗店のホームページでもプッシュされやすいです。

指名の取り方のアドバイスや、写真写りが悪い時には口頭で案内して頂いたり、常連様にご案内して頂いたり、特集を組んで頂きました。(30歳)
写真を取り直してくれたり、フリーのお客様をつけていただりしてくれました。(25歳)

中でも女のコの声でけっこう多かったのは、写真をこまめに変えるというコメント。常連のお客さまに効果がありますね。

写真は小まめに変えること。(31歳)
パネル写真を頻繁に変えてくれる。(21歳)

アピールや発信していくことで、稼ぎやすくなっていくことは間違いありませんね。こうした風俗店やスタッフがいるということなので、求人の面接で女のコをどのようにサポートしてくれるかきちんと確かめるのも、風俗店を選ぶときに必要だと思います。

パネルの写真をワザと不細工にとって実物の方がいいと思ってもらえてた。本指名が増えた。(26歳)

ここまでくるとかなり上級ですが…笑。本指名が増えたとはすごいです!

今回のまとめ♪

風俗店で女のコたちが稼げるかは、その両方が目指す共通のゴールです。女のコたちに魅力がないとお客も増えていかないので、日記やブログ、写真は重要なポイント。さらに今回上がった女のコの声にあるように、男目線や更新で新鮮さをアピールすることは、稼ぐために必要なことです。けれど、その努力をしていない風俗店も少なからずあるとの声もありました。これから風俗店を選ぶときは、面接でこうした点を確認してみてはいかがでしょうか。

次回のいちご白書は…

シリーズ化となった「風俗で働く女のコインタビュー」のVOL.5をお届けまします!


※アンケート実施期間:2016年11月11日~2016年11月17日 調査⽅方法:「いちごナビ」サイト女性会員のアンケート

関連記事
スカウト登録して1万円貰えるキャンペーン