待機時間の活用方法

多く待機時間を取っている女性が手に入れられるのは日給だけではないこと

2017.5.09更新


現役風俗嬢、企画単体AV女優の佐々木みいなです。こちらの記事内で取り上げたみなさんから頂いたアンケートを元に作成した記事で、風俗嬢にも収入格差がある、ということを説明しました。


このアンケートで分かったことは、多くの収入を手にしている方に共通していることは、だいたい8時間を越えてお客さまに呼ばれる時間までお店で待機をしていることです。
この方々が長い時間の待機中、何をしていたのかまでは分かりませんが「お客さまから呼ばれるのを待つ時間」というのはいつ呼ばれるか分からない緊張感の中、他の女性に迷惑をかけないことが必須となります。そして、その時間を活用できればもっと店舗に長く滞在できるようになるのです。
今回は、待機時間の活用方法について取り上げたいと思います。

風俗を始めたきっかけを思い出し、目標達成までのスケジュール作りをする


あなたは、なぜこの仕事を始めたのでしょうか。
そして今、何に向かってお仕事をしているのか、ということを振り返ってみましょう。
「貯金がしたい」「借金を返したい」ということで始めたのであれば、目標金額までの達成スケジュールを組んでみるのです。このスケジュールが見えると、月に(週に)どの程度の出勤を組めばいいのかということが見えてきます。

風俗というお仕事は、一度入ったらなかなか抜け出せないお仕事です。

そして「こんな仕事、早く辞めたい」と言っていた女性がまた、戻ってきたりもします。
「こんな仕事」と言っていたのになぜ戻ってくるのでしょうか?
お金でトラブったのに、なぜトラブルが生じたのかということを考えなかったからです。借金をせっかく返し終わったのに、また新しく問題が起きて借金をしなければいけなくなる状況になってしまうのです。

「いろいろな問題があり、一般職をやめて風俗に来た」という方であっても同じです。
その問題はなんだったのか、ということを、もう一度、落ち着いて考えてみましょう。
その問題は、自分で解決できることなのか、もしくは時間が解決できること、お金で解決できることなのでしょうか。問題が分かれば答えが見えてきます。
問題の正体が見えないから、不安は襲ってくるのです。

この風俗を始めたきっかけを思い出し、自分はどこに向かっているのか、ということはなかなか答えが出ないことでもあります。

しかし、今は「待機時間」です。
がむしゃらに動くしかなく、あなたはここまで来たのです。
今まで起きた問題を二度と引き寄せることのないように、それに対して自分は今後、どのように身を振ればいいのかということを考える時間として有意義に使いましょう。

自分が本当に好きなことを探し、その勉強をする


私が最初に風俗に入った頃、スマートフォンというものはなく、待機室にはレディースコミックが数冊置いてありました。漫画をほとんど読まない私がレディースコミックは読めたのです。なぜなんだろう、と不思議に思いました。
そこに「原作募集」と記してあるページを見つけ、待機室に置いてあるレディースコミックはすべてノンフィクションだから読めるんだ、と気付いたのです。
魔法も出てきません、馬にも乗ってません、話がドロドロしていて、どこか自分に重ね合わせられるノンフィクションコミックです。
 「原作募集」だから活字だけでいいんだなと思い、文章を書くことが好きだったことに加え、波乱万丈な人生を歩いてきたと自負していることもあり、早速応募しました。
少し経った頃、初めて応募したこの「原作募集」に採用連絡電話を受け、調子に乗った私は、これをきっかけに原作、雑誌のコラム等のコンペハンターになっていったのです。

Twitterが普及し、店舗から日記を書いてくれと指示されたり、風俗嬢が言葉を発しても許される時代になり、私は今高収入風俗求人媒体のいちごナビと男性用風俗媒体でライターをさせて頂けるようになりました。
元々、文章を書くことが好きだった私は変わってません。時代が変わったのです。
あなたが元々好きなことや得意なことがあるなら、待機時間はそのことに費やし、飛躍するための作戦を練りましょう。

「好きなことなんかなにもない」女性に、オススメしたい待機時間の活用方法は(苦にはならない程度に好きな分野の)資格取得の勉強です。
日本はまだまだ資格文化です。風俗嬢たるもの卒業する時にタダで一般社会に戻るよりも数倍パワーアップして戻りたいものです。


みなさんが(私も)好きな稼げる国家資格を2つ紹介しますね。

・FP(ファイナンシャルプランナー)
銀行や保険、証券、不動産、税金等、金融機関関連のお仕事で有利になる資格です。
この国のお金のからくり等を知りたい方なら苦なく勉強できます。

・宅地建物取引士(宅建士)
不動産屋さん5人のうち、1人は持っていないといけないと言われる資格で常に人材不足。民法、都市計画法、建築基準法、不動産取得税、固定資産税等の勉強が苦にならない方、マンションやビル、倉庫にアツい思いがある方にオススメです。

上記2つの国家資格は座卓で勉強できます。
加えて取得すると生きていく上で、かなり心強い資格だと思います。
あとは来たる2020年の東京オリンピックに向けて、外国人が増えている現在、通訳案内士という国家資格もあります。この通訳案内士はオリンピック記念として取っておいても良いと思います。

待機時間が怖いから店舗に行くのを控えるという考えではなく、待機時間があっても有効に使えることで、出勤日にお客さんについている時もそうでない時も、あなたの1日の時間の充実度は上がります。
1日の時間の使い方、そしてあなた自身の少し未来のことを考えながら、明日もお仕事頑張っていきましょう!

関連記事
スカウト登録して1万円貰えるキャンペーン