店舗とのトラブルはどう回避する?

風俗嬢はお客様だけでなく、店舗スタッフまで気を遣っている!

2017.5.16更新

現役風俗嬢、企画単体AV女優の佐々木みいなです。店舗と揉めるなんてあり得ない、と思っている方も少
なくないのではないでしょうか?今回は15naviアンケートによる「お店とのトラブルを回避する方法は?」
という項目にご回答頂いた皆さんのお言葉と共に、私も過去に店舗と揉めたことももちろんあるので、
この店舗とのトラブルに対して、皆さんどのように対処されているのかを予備知識として入れて頂けたら、
と思います。

店舗と在籍している嬢との間になぜトラブルが発生するのか

面接の時に仕事内容やバックの詳細を聞き1日体験入店をしてお店の雰囲気を知ってから入店すること(20代 ホテルヘルス)
とにかく分からないことは質問すること。めんどくさがって答えてくれないところは、辞めたほうが良い。(20代 デリバリーヘルス)
きちんとお金面の話をしたり、いつ辞めるかの目標などの相談も最初にしておく(20代 AV、ストリップ、デリヘル、SM倶楽部)

最初のアンケートにお答え頂いた方のように、仕事内容に募集の広告内容に差異はないか、差異があった場合、そのサービス内容は自分にできるものなのか、何分のお客様に付いたら幾らが自分の手許に入ってくるのか、という事を明確にしておきましょう。風俗というお仕事は、店舗が在籍している女性の魅力をお客様に伝え、店舗からお仕事の連絡をもらい、お客様のもとでサービスをして、初めて給与が産まれるという仕組みです。
お客様にサービスをしない限り、基本的にお金は産まれません。今は「待機保証」というものを出しているお店も多く存在しているようですが、この「ただその場所にいるだけでお金がもらえる」という姿勢で店に入ってくる女性はまず店舗とのトラブルが産まれます。7時間待機をして1本もお客様に付けてもらえないとなると、女性のメンタルがおかしくなってくるからです。お店に行ってもツラく悔しい思いをする為に出向くようなものです。こういう場合が続く場合はあなたはお店から、無言解雇されているのと同じです。
こうなると回避の方法は、

辞める(20代 風俗エステ)
耐える(30代 デリヘル)
避けられないので、ある程度したら自分から身を引く(30代 デリヘルとチャット)
話し合い、無理なら辞めます(20代 ソープ)
気にくわないなら辞めるべき。考え方合わないとストレスになって良い仕事はできない(20代 デリヘル)

私達、風俗従事者はお客様に気を配るお仕事です。店舗を信じるしかないのに店舗に対して「耐える」という回避方法は余りに悲しすぎる、と感じるのは私だけでしょうか?耐えるぐらいならお店を変えましょう。
あなたがもっと輝ける店舗は必ず存在します。

あなたは「仕事」をしに来ています。店舗のスタッフも在籍女性も「友達」ではありません

仲のいい店員をみつけておく(30代 デリヘル)
スタッフさんと仲良くする?私は苦手だからいつも嫌われてるんじゃないかとビクビクしてます(40代 デリヘル)
スタッフと仲良くする(20代 デリヘル)

個人プレーのお仕事であり、孤独な仕事でもあります。誰かと仲良くなりたい!と思う人は、ハッキリ言いますが、風俗に向いていません。あなたはただ「人懐っこい」だけなのです。そして、スタッフ側もそんなに一人一人の女の子を好きだの嫌いだの言ってられないぐらい、来ては去っていく女性の数を見ています。
多分、この「嫌われてるんじゃないかとビクビクしている」方はご自身が持っているストレスに自分の首を自分で締められるタイプではないかと思います。一方で、しっかりとスタッフや在籍女性との「距離感」を保つことが大切だと理解されている方もたくさんいます。

距離感と礼儀(40代 ヘルス)
馴れ馴れしくしすぎない(20代 ソープ)
あまり女の子と関わらないことですね(20代 デリヘル)
お店やスタッフさんは信用しているけど、必要以上の会話はしません(20代 デリヘル)

これは風俗嬢として従事している女性だけではなく、店舗スタッフの方々にも気に留めてもらいたい事です。
「風俗嬢と客という立場ではなく、スタッフとしてお仕事をしてみたい」といった類の男性スタッフ、女の子のその日の日給を左右できる立場になったら「自分の城」だと勘違いされている男性スタッフは、過去も現在も密かに存在しています。

一番最初にお客様に接しているのは男性スタッフです。スタッフの態度が悪かったらお客様は電話を切り、山ほど選べる他の店に行きます。そして、仲良くなった女の子に「今日お金ないから優先してお客さん入れて」という言葉に誘導され、新人でもないあからさまに贔屓だと分かるお客さんの入れ方をしている、というのは風俗嬢は瞬間的にお客様を判断する能力を備えているので、すぐに分かります。
そうなると、その店舗から女性は離れていきます。お客様も比例して少なくなります。新人が入ろうが同じです。すぐに離れていきます。「仲良し友達」でやってる風俗店は、魅力など微塵もないからです。
私達、風俗嬢がお客様のサービスをしなくなったらあなたの月給は当然ですが皆無になる事を充分、心しておいて頂きたいと思います。

今回のまとめ

今回のアンケートで、私自身現在も風俗嬢をしていますが、お客様だけでなく、店舗スタッフにまでこんなに気を遣わないといけないのか、と思った事が何度もあります。帰りの清算の時に、疲れてメイクが落ちたまま、帰るだけだしいいやと思って清算に行くとスタッフに「メイク落ちすぎだよ」と言われたり、消毒液であるグリンスを冬場に使っていて、少しでも保湿を怠り手が荒れていると、「きったねえ手!」と言われたこともあります。どんな仕事でも「心」が無いスタッフがいるところだったら速やかに離れましょう。

あなたの心をつかうべきなのは店舗スタッフではなく、お客様のはずです。

そして、店舗のスタッフ側の方もクタクタに疲れて帰る女性に向かって「メイク落ちすぎだよ」というのは間違いです。あなたの為にメイクを直す必要がないからです。「頑張ったね。お疲れ様」だけで良いのです。ここで清算の為にメイクを直せる女性だったら「そこまで気をつかえる女性なんだ」と黙って評価すれば良いのです。私はスタッフと仲悪くしたいとも思いませんが仲良くしたいとも思いません。

ただ、男性を相手にしている風俗嬢がストレス無く、仕事をなるべくできるように風俗嬢自身はここまで考えており、それを踏まえて風俗活性化をお互いに目指していけたら、と心から願っております。

関連記事
スカウト登録して1万円貰えるキャンペーン