風俗を始める人へのアドバイス

風俗を始めようと思っても最初は誰でも不安。先輩方からのお言葉を聞いてみましょう!

2017.4.11更新


現役風俗嬢、企画単体AV女優、ライターの佐々木みいなです。これから風俗を始めようとしている皆様にふさわしい「これから風俗で働く女性に一番アドバイスしたいことは?」というアンケートについて皆様から頂いたご意見に目を通させて頂いた事に加え、私からもアドバイスできる事を今回はお届けしたいと思います。

「目標」を持って始めること。途中でその「目標」が「目的」に変わったとしても構わない。


私みたいに中途半端な気持ちで始めるとズルズルと引きずるので、目標を決めて仕事に取り組むべき(20代)
最初はとても勇気がいることだし、続けていくのにも精神力が必要ですが、目標をちゃんと定めたらそれに向かって頑張れると思います。(20代)
まず何か目標を持った方がいいと思います。出来れば期限を決めて働くといいかもです(40代)

今、多くの女性が風俗を始める理由のダントツトップは「自由に使えるお小遣いが欲しい」という理由のようです。ですがそのお小遣いはどの程度が必要なのか、と聞いてみても「あればあるほどいい(笑)」という方が一番危険です。その仕事に対するユルい姿勢は在籍する店舗にも、直に接するお客様にも伝わるお仕事だからです。
目的や目標を持たずにこの仕事に足を踏み入れると、あなたがわざわざ傷付きに行くだけです。
しっかりと何かやりたい事があり、その為にはお金がどのぐらい必要で、目標金額に達したらそのやりたい事を始めるべきです。

私が最初に始めたきっかけは電気が止まった事でした(笑)
とりあえず明日電気を通電させるたった7000円の即金が必要で、風俗業界に足を踏み入れたのです。
通電はもちろんお仕事をした日に叶い、目標を達成しましたが、知らない業界だった事もあり「もう少し続けてみよう」と思考が変わったのは「もっともっといろんな人を知りたい」と「目標」が「目的」に変わったのです。
この最初に決めた「目標」という決意が形を変えることを否定はしません。夢を持ち、それに向かって頑張っている女性はやはり魅力的でありこのお仕事に携わっていく間に見えてくるものもあります。
その時にフッと湧いてきたあなたがやりたい目標に「この仕事を始めた最初の目的と変わってしまう」と罪悪感を感じる事はありません。その目標が忘れる程度のものだったら、人に迷惑をかけたり誰かを傷付けない限り、新しく湧いてきたワクワクする事に向かっていく方がよっぽど健全であり、健康的だからです。

日給「35000円以上」とは


高額保証は有り得ないので、バック率が高い所がいい(20代)
35000円は無理(20代)
よほどの美人かモデル並みのスタイル、巨乳とかじゃないと保証ありって書かれててもほとんどないです。また、何箇所も面接行って体験入店して、本当に自分に合ったお店を見つけてくださいね。(40代)

「お店にあったらいいなと思う働く女性への待遇」というアンケートでも多く見かけた「待機時間保証」です。風俗の基本的なルールは完全歩合制です。お客様についた本数、ついた時間数で1日の日給が支給されます。
お客様に付かなかった日にはお給料は全く出ない、というのが完全歩合制です。
多くの店は募集の際に「保証有り」と書いているところが多く面接電話や面接の際に「当店を選んだ理由は何ですか?」と聞いた時に「保証があるから」と答えたら、そこで面接に来ようと電話をかけてきた嬢を落とす、というふるいに掛けている店舗の面接方法が多く存在します。

これは誇大広告でもなく、詐欺広告でもありません。待機時間保証を設けている店舗も確かに存在しています。
そういったお店はお客様に付かずに女の子を帰らす事はなく、常にお店にはお客様が来店し、在籍女性は動いています。店舗としての集客の自信と、女の子のレベルの維持を心掛けているからこそ、待機時間最低保証というものが出せるのです。
加えて「日給35000円以上」と出している店舗がほとんどですが、面接時にしっかりと、「何分ついたら自分に幾ら入るのでしょうか」とこちら側から聞きましょう。
この日給35000円以上を1日で稼ぐには、何時間待機し、お客様に何人つけば手にできるのかという事は店の業態やエリアによっても異なってきます。
実際に店舗側にとっても顔や雰囲気を見てあなたが電話をした店に合っていなかったらグループ店を紹介してくれたりしますので、面接から一旦帰って、待遇面とサービス業種形態が自分ができる範囲内なのかを落ち着いて考え、入店を決める事をオススメします。

身体と心のバランスを上手に取ること


身体と心のバランスをちゃんと考えて働く事(20代)
身体の自己管理がとても大切。普通の仕事よりも身体を酷使するので、自己管理も普通より大変。最初のうちは、しっかりと食事と睡眠大事にしてください。(30代)
割り切りは大切(20代)
やせろ(20代)

最後の「やせろ」というアドバイスをして頂いた20代の方の言葉のパンチ力は凄まじい威力ですね(笑)
この言葉に代表される自己の体型管理と体調管理、精神面の管理はこの仕事をするにあたってとても重要なことです。「女性」を売りにする職種のお仕事だからです。あなたは人間であり、心を持っています。新人の時はお客さんにアンケートを取ってその子がどのようなサービスに強い子なのか等を把握する為、アンケートバックといってお金を返金する店舗も多数存在しているので、新人期間はお客様に就く量が先輩のお姉さま方よりも増えます。ここで体力と精神面がアップもダウンもしないでいられる子はいない、と断言できます。
多くの女性は手にした金額で舞い上がり、就く本数に舞い上がり、また、たまたま店が閑散としていた際には「せっかく来たのにこんなもんか…」と気持ちが上がったり下がったりしてしまうのは当然の事です。

やはり「女性」の「時間」と「夢」を売る業界にとってあなたは商品である、と理解する事です。
このことが「割り切る」ということなのだと思います。女性の価値が下がると商品価値も下がるという事にビビらないで下さい。頂いたお給料でエステにでも行き、良い気持ちを自分に与え、少し良いお化粧品を買い、あなたの「女性としての商品価値」を上げる努力をしてみて下さい。仕事は決してあなたを裏切りません。

今回のまとめ


ここまで皆様から頂いたアンケートと共に、真剣にお伝えしましたが、失敗を恐れず、まずは扉を叩いてみることです。このページまで辿り着いたあなたにはきっと、現状を打破したい何かがあるのだと思います。
最初に扉を叩き、こちらから新しい世界を見るというのはとても勇気が要ることです。
失敗することは格好悪い、という風潮が根強く存在している業種ではありますが、実際には、人間対人間の泥臭い現場です。失敗しない事など在り得ません。
何故なら、私たちサービスを提供する側も人間であり、お客様も、店舗にいるのも人間だからです。そこで普通に生きている分には必要ではないような人間臭さを味わうにはこれほど敵した仕事はありません。
「人間は摩擦を受けないと成形されない」と私は思っています。そして、今の風俗業界は18歳以上であれば何歳でも受け入れられる時代に入っています。今からでも遅くはありません。
あなたの心と身体をまず何よりも大切にし、お仕事をしていると、人間として、女として磨かれたあなたはきっとこの業界に入る前と後で、同じものを見たとしても、見える世界が変わります。
ワクワクしながら毎日を過ごして参りましょう。

関連記事
スカウト登録して1万円貰えるキャンペーン