女性が店舗に求めていること

掲載店舗は必見!女性は店舗にこんなことを求めています

2017.7.11更新

現役風俗嬢、企画単体AV女優、ライターの佐々木みいなです。
今回は「お店に期待することはありますか?」というアンケートに基づいて、店舗経営者様やスタッフの皆様に女の子は何を求めているのだろうという事を考えて頂くきっかけ作りとしてお届けします。

ダントツで多かった回答は「広告内容との実際の相違」

過大広告をやめてほしい
待遇等は本当にやっていることを記載して欲しいです。託児所完備とか書いてあってもなかったり 時給制と書いてあっても時給ではないとか 嘘が多いのは止めて欲しい。誠実な対応をしてくれる店が増えると良いです
年齢制限やぽっちゃりの具体的な表示をしてくれないと、とりあえず面接と言われて行ったけど不採用があったので、求人対象を数字でハッキリ表示して欲しい。
求人内容と面接で言われることに齟齬(そご:意味/物事がうまくかみ合わないこと食い違う事)が多く、嘘のない求人をお願いしたいです

過大求人広告は貴店の信用を失うことにもなる恐れもあり、とにかく女の子が欲しいという理由から、電話を掛けてくる女性の分母の母数が欲しいと思っても逆効果のようです。

貴店が「どういった女の子が欲しいのか」という事を明確にすることで、そのターゲットとしている女の子にはダイレクトに目に入ります。
そのぐらい現代の女の子は風俗というお仕事に生活を賭けている子が多いのです。

過大広告を打たないことのメリットは、「とりあえず会って雰囲気を見てから決めたい」といった面接時間の無駄を省くことができ、欲しい人材とする女性だけを面接することにあてられる為、風俗店舗にとっても風俗で働いてみようと思っていたり、お店を変えたい、と思っている女性にとってもWIN-WINの関係が築くことができます。

風俗嬢が風俗店舗に求めることはなによりも「稼がせて欲しい」

沢山稼がせてほしい
個性をとらえてうまく売り出してほしい
店のお客の来店数
集客力と給与
とにかく売上
稼げること。客質
保証を出す条件をもっと明確にしてほしい

やはり女性がお店に求めている事は「稼がせて欲しい」です。最初に男性客に接する店舗スタッフにしかできない、個々の女性が持っている「個性をとらえてうまく売り出してほしい」という言葉が現れています。
店舗スタッフも感情を持っている人間ですので女の子の好き嫌いはあると思います。
それに左右されるような男性スタッフは風俗業界にそもそも向いていません。

「この子はフェラが得意だから、技術を求めるお客さんがに勧められる」とは対に、
「この子はまだ経験が浅いから素人風なサービスを求めているお客さんに勧められる」等
体型、顔立ち、性格、サービスの得意、不得意、それぞれ女性には個性があります。
店舗スタッフは在籍している女の子に定期的に、こういった何が得意か何が不得意か、を直接聞いてみる必要があるのです。

在籍している女性が2年、3年も経てば不得意も得意に変わったり体型も変化したりします。
面接時に聞いた女性のバストのカップ数は維持しているのか、増えているのか、減っているのかを、「俺は明確に答えられる!」と自信を持って断言できる風俗店舗スタッフは少ないのではないでしょうか?

その他、女性が店舗に求めていること


できる限り楽しく働けるよう心がけてくれるお店がいい。ただでさえストレス溜まるのにお店の雰囲気悪いと疲れるから。仕事に対して一緒に考えてくれて、バックアップしてくれるとやる気が出る。

この方の言葉は心から共感しました。私たち風俗嬢は本来、お客様に気を遣うべき仕事であるはずだからです。
前記事の「店舗とのトラブルはどう回避する?」でも紹介しましたが、私たち風俗嬢は店舗スタッフにまで気を遣わなくてはいけない時代に入りました。

関東、特に都内は風俗嬢の人口が多いからではないでしょうか?分母が多ければお客様もお店のスタッフ側も選び放題であり、選ばれなければお金は入ってこない完全歩合制のお仕事だからです。様々な人に気を遣わなくてはいけないお仕事であり、本来のサービスも完璧にこなし、スタッフにも気を遣いもちろん在籍している他の女性にも気を遣わなくてはいけない時代に突入したのです。
「できる限り」で良いのです。良い気持ちで、やる気を持って仕事に行けるように、店舗側が考えられる、「できる限り」のことを女の子にして仕事に送り出してあげて下さい。

スカウトメッセージの時点で、給与のことや、保証、待遇など詳細、明確に書かれていること嘘がないこと。保証に関しても、『誰でも!』とうたっているのに、これだけの条件とルックスがないと無理なんですーっていうことがほとんど。

いちごナビにも店舗から直接送られてくるスカウトメール機能があります。

例えば私が店舗をやっている側だと考えてみます。
スカウトメールを送るとしたら余程の写真の出来上がりが良い子、自分のプレゼン能力があり、(自分の良さを上手に提示できる子)「この子は是非うちに在籍して欲しい!」
というアツい思いがない限り、テンプレートメールを作っておいて、年齢、エリアを絞り地引き網のように、一斉に「一度、面接に来ませんか?」と送るでしょう。その方が効率的だからです。しかし、この上記の方は送られてきたスカウトメッセージ内の
「保証、待遇」について期待を裏切られたように感じ取れます。
スカウトメール機能を使う店舗側は、こういったテンプレートメールを作る場合、
夢のような保証金額を出すメールを作りたいのでしたら、
「○時間、店舗待機をしてもらいます」と分かりやすく明記すべきです。
そしてスカウトメールを受け取った女の子側も風俗はもはや、「誰でも稼げる!」という時代ではないのだ、ということを理解しておきましょう。ルックスがどのような女性が多く在籍している店舗で、どのようなサービスを提供しており、それが自分にできる範囲内なのか、そして保証が幾らと明記されていて、店舗に何時間待機した場合が書かれていなければ、その返信メールで質問をしてみましょう。

ただ、保証が出るのは新人期間だけ。という店舗も多く存在していますので、保証だけ貰いながらラクしながら長く続けたい、という方は在籍店舗から追い出されることも覚悟しておきましょう。

女の子が仲がいいこと。でも個室待機希望で女性優先にしてくれるところです。

個室待機は私も賛成です。というか個室待機の風俗店舗でないと続かない体質です。
対して「集団待機」という待機もありますが、人に公にできない仕事をしている女性同士が仲良くすることに良い結果は産まれないと思うからです。
お客様に対してもスタッフに対しても同じですが、『良い距離感』を保つことが風俗という
お仕事をしていくうえで、誰も教えてくれませんが実はとても大切なことです。
『良い距離感』とはなんだと思いますか?

私は「挨拶」なのではないかと思っています。

「おはようございます」「お疲れ様でした」といった基本的な挨拶は風俗店舗内でのコミュニケーションの理想のスタイルです。
愚痴という交流ではなく「風俗」という「仕事」をしに来ている同士だからです。

お店に期待することは女の子の管理を強化することです。風俗だから…夜のお店だからということで時間にルーズな子や、接客態度の悪い子などを指導せずにそのまま置いておくのはおかしいと思います。今後女の子の指導について期待しています。

この方はご自身がとてもしっかりと風俗のお仕事に取り組んでいるのだろうな、ということが上記の言葉から、充分に伝わってきます。ご自身が遅刻をしないように気を付けているのに、後から遅刻してきた女の子が先にお客様についたりしたのかもしれません。
接客態度が悪い、いうのは複数人のプレイがある店舗で、手抜きプレイを見てしまったのでしょうか。

理由がどうあれ、あなたが他の女性のルーズさを指摘するのはどこか違和感を感じます。

真面目に風俗という仕事に取り組んでいるあなたは決して間違っていません。
しかし風俗というお仕事はチームワークは必要としていないのです。
ご自身がしっかりと自分の足で立っている事が求められる仕事です。

あなたが奮起するまでもなく、ご指摘しているそのルーズな子は放っておいても次第にお客様が付かなくなってきます。自分がこんなに頑張っているのに接客態度が悪い子の方が待機室にいることのが少ないのだとしたら、あなたにわざと接客態度を悪い自分を見せたのかもしれません。そのぐらいこの風俗業界にいる女性はトリッキーなのです。

今回のまとめ

私が今回いちばん「風俗店舗に求めることは?」というテーマで非常に納得した言葉はこちらです。

当たり前の対応。働いて頂いてる、働かせて頂いてる、のバランスがうまくとれているところ

確かに持ちつ持たれつの嬢と店舗の関係だと思います。切っても切り離せない関係だからこそ、「思いやり」を持ちながら携わるべき仕事ではないでしょうか。
人肌が恋しいから、プロのテクニックにあやかりたいから、という理由でお客様は電車に乗って、車に乗って、忙しい日常に非日常を求め、わざわざ時間を空けてお店に電話をかけお店に直接来店して頂いています。お客様ありきのお仕事であるからこそ、風俗嬢と風俗店舗においては見かけだけでもお互いを労わり合う姿勢がないと成り立たないのです。

そこに「心」が無ければ意味がない風俗激戦時代に入っている、という事を風俗店舗に勤めているスタッフの皆さま、そして在籍している風俗嬢の皆さまも今一度、肝に命じながらお仕事に従事して笑顔で頑張ってまいりましょう!

関連記事
スカウト登録して1万円貰えるキャンペーン