面接に行ってこんなことに驚いた!

面接はやっぱりドキドキ…。やっぱり怖いところ…?と思いきや、こんな展開に驚いた!

2017.11.07更新

現役風俗嬢ライター、企画単体AV女優の佐々木みいなです。
今回はいちごナビアンケートの「面接に行って驚いたエピソードがあれば教えて下さい」という質問にご回答頂いたものに基づいて、今回は風俗未経験の女性だけではなく、店舗スタッフの方にも是非、見ていただきたい有益な情報をお届けしていきたいと思います。

シートを書いてそのまますぐ接客した(32歳)
行ってすぐ体入、講習、写真撮影だったこと。意外と普通な事務所だったこと(24歳)
すぐお客様ついた(37歳)
初めてで全然判らないことだらけなのに、案外さっさと直ぐに終わったこと(50歳)

面接の後にそのまま体験入店に入る。というのは風俗ではよくある流れです。
きっとこの女性たちはとても魅力的で、店舗側はすぐにお店に入れたかったのではないでしょうか?前回の記事「初出勤を終えた帰り道、私たちが感じたこと」でも記したように、風俗とは風が吹いて動くお仕事ですので、面接の予約を入れた時点で、もしかしたら店舗が「面接のあとにそのまま体験入店に入ってくれたらいいな」と、面接時間後の体験入店として、店舗ホームページ上で、事前にお客さんに向けて、告知をしていることも多くあります。

「風俗という仕事自体が初めて」という女性の場合は、面接の時に店舗のサービスの説明を女性がきちんと理解できているか。ということをひとつひとつ確認してあげてもらいたいです。女性側がこの仕事をする初めの一歩を踏み出すときはとても不安な気持ちでいっぱいで、頼りになるのは面接を担当した、店舗のスタッフだからです。

A店で面接して頂いたスタッフが、B店に在籍していた時のスタッフだった(25歳)
ネットでは系列が一切無いのに実は系列店がいっぱいあった事。そしてその店が全て振り替え店だった。(31歳)

上に回答頂いた女性は、A店とB店が系列店だとしたら、お店を変えようと思って面接に行ったのに、元のところに戻ってしまっていた。ということになります。もし、A店とはまったく関係のない、他店での偶然の巡り合わせだったとしたらmそのスタッフとの運命的なものを感じてしまいますね(笑)
こういったせっかく面接の日にちも時間も決めて、新しいスタートを切ろうと思っているのに「やっちまったぜ!」的なしくじりを回避するためには、A店にいる時に、他の系列店はどこなのか、ということを把握しておくことです。
系列店に関することは、お店に在籍をしていれば自然と分かってきます。

下に回答して頂いた女性は、単独で営業をしている店舗に入りたかったのだと思います。
この女性が書いてくれた回答の中にある「振り替え店」とはいわゆるダミー店(存在していないお店)のことです。複数の振替店をネットに置いて、イチゲンさん大歓迎!といった集客だけを目的としている風俗店舗はいちごナビでは掲載していません。
規約として「風俗営業許可届出確認書に記載している店名と住所と本店所在地に相違なく掲載をする。」ということを遵守していますので、ぜひ、いちごナビを活用してあなたに合った良いお店に出会えるまであきらめないで下さいね。

まかないがある(31歳)

まかないがあるなんてうらやましいです(笑)
体を使う仕事ですので、私たちはどうしてもお腹が空きます。しかし、体のラインを崩さず、必要な栄養バランスに気をつかった食事サービスがある店舗も増えてきているのかもしれませんね。私はまだ出会ったことはないですが、まかないがあるお店に出会ってみたいです♡

面接に行くなり 目の前で「太いね」と言われた。話を聞く気分になれなくてすぐに帰りました。(44歳)

まぁ!なんて失礼なんでしょう!初対面でわざわざ面接に来てくれた女性に対して、「太いね」なんてデリケートな問題を言うなんてもってのほかです…。
これを機会に、見返してみませんか?何も手にせずUターンで帰ってしまったとしたら、さぞ、お悔しかったことだと思います…。落ち込み、悲しかったと思いますが、ここで立ち止まらないでもらいたいな…。と心から願うばかりです。
あなたが当たった面接官のスタッフのように女性に対して無神経な言葉を出すスタッフは多くいません。たまたま運が悪かっただけ。と思ってもらいたいです。
そして、ここでダイエットをする絶好のタイミングだ。と思考の転換をしましょう!

スラッとした体のラインを手に入れることができるだけで、世の中の風当たりは女性に強く当たらないのです。痩せるだけで、です。不思議ですよね…。

私も、いっときデブとブスが止まらない時期がありましたが、あの時の世間の風当たりは台風並みの強さでした(笑)
「応募資格」の欄に記載はされていませんが、風俗はある程度の男性を惹きつける外見というのは必要なお仕事ということは、どうしても払拭できないところでもあります。

しかし!しかしですよぽっちゃりした女性を求めている店舗もたくさんありますので、あなたを必要としている店舗は必ずあります。たまたま巡り合わせが良くなかっただけ。

ストレスが溜まったら、食べる。というパターンを変えて、ひとっ走りしてくるというストレス発散法に変えて私はデブを止めることができました(笑)
ひとっ走りしてくるだけで結構スッキリし、よく眠れてそのうえ食欲も落ちる=痩せる。という相乗効果があるのでオススメですよ♫

交際クラブの面接に行ったらAVを紹介された(47歳)

私もAVを始めたきっかけは、高級デリヘルの面接に行って、面接シートに「やったことがある職種」というピンサロ、デリヘル、ホテルヘルス、ソープ、と並ぶ風俗業種の中でただひとつ、「AV」だけに丸をしていなかったシートを見て、
「AVだけやったことないならやってみる?うちはホンットに手足長くてお人形さんみたいな子しか売れないからさ。ここにも籍置くだけ置いておいて、もし良かったらAV事務所、紹介するけど。」
と言われたことから、私の中で(そういえばAVをやればこの欄ぜんぶ丸つけれるんだ…笑)と思ったことから、AVを始めるきっかけとなったのです。
私の風俗業種全クリアのキャリアの背中を押してくれた高級デリヘルには私の籍もおいてくれているようですが、確かにAV撮影のお仕事の方が多いです(笑)
的確なアドバイスを指南してくださったこと、本来の目的とは違っていましたが、形は違えども新しい扉を開けることができたこともこのお店あってこそ、と、感謝しています。

面接交通費は頂きまして、丁寧な対応でした。ただ帰宅して約束した日時には連絡はもらえませんでした。

あんまり店舗のイメージと合わないな、と面接官が判断し、面接落選の場合は交通費を出す店舗も多くなってきたようですね。
ただ、「お仕事のことは後日連絡しますー」とでも言われたのかもしれません。この女性はしっかりと日時を約束しているようですので、このできない「約束」をしない。ということも、面接時の店舗の対応として、いち古参風俗嬢として、心からお願いしたいです。

今回のまとめ

いちごナビアンケートは匿名で行っております。匿名だからこそ言える!といった、風俗に面接に行ったけど、誰にも言えない女性の底にある「ホンネ」を出して頂けたのではないかな、と個人的に思っています。
今回は、だいぶ長いこと同じ店に在籍てしていて風俗店舗に新しい面接に行っていない、と思っている女性や、風俗始めたての女性には「こんなとこあるんだ!」と笑って頂くことで、明日も頑張ろうと思える足掛かりとして、風俗店舗スタッフの方にもかなり有益なアドバイスになる情報をお届けできたのではないかと自負しております。

いちごナビアンケートは現在も行っておりますので、みなさんのホンネを是非聞かせてくださいね♫
今日も一緒にお仕事頑張りましょう!

関連記事
スカウト登録して1万円貰えるキャンペーン