お客さんとの会話で気をつけていること - 風俗コラム

全国版

掲載店舗2,763

女性会員91,235

スカウト登録1万円キャンペーン

この記事は、風俗求人サイト「いちごナビ」が配信しています。
掲載店舗数2763件を誇るいちごナビは全国各地の風俗求人情報が満載!きっとあなたに合ったお仕事が見つかります♪

お客さんとの会話で気をつけていること

みんな、お客さんとどんな話してるんだろう…?おしゃべりニガテな女性必見!!

2018.3.13更新

現役風俗嬢、企画単体AV女優の佐々木みいなです。
今回はいちごナビアンケート「お客さんとの会話で気をつけていることはありますか?」という質問に頂いた回答に基づいて、お届けしていきたいと思います。

お客さんとの会話のお手本

馴れ馴れしくなり過ぎないように挨拶や敬語に気をつける、お客さんだということを忘れないように接しています(42歳)
常ににこやかに。エロい時はとことん痴女に(31歳)
言葉使い。声のトーン。素直さ(21歳)
相手の目を見て話をしたり、聞いたりして笑顔を忘れないことです(45歳)

上の回答を頂いた女性は、風俗での接客の基本を教えてくれています!
接客業のピラミッドの頂点ともいえる「風俗嬢」としての役割をしっかりわきまえながら接客されているお手本ですね。

☆ 挨拶と敬語
☆ 会話をする時は常に笑顔とプレイ中のギャップ
☆ 声のトーン、素直さ
☆ 相手の目を見て会話をする

この4つは会話の土台となる基本中の基本です。
毎回接客するときにはこのことを心に留めて頑張りましょう!

してはいけない話題のお手本

答えづらい質問はしない、マイナスなことは言わない、お客様ご自身のことに興味があるという姿勢・気持ちをしつこくない程度に示しております(29歳)
失礼な質問をしないようにする(28歳)
家庭、仕事の話はしないように気をつけています(23歳)
悲観的な会話はさけること(43歳)

風俗のお仕事では「した」ほうが良い会話よりも「しない」ほうが良い会話の方が多いです。
私自身、この悲観的な会話の類は、山のようにありますが、お客さんが笑えないレベルの内容は避けるようにしています。聞いているほうがツラくなると思いますので(笑)
この話題の選択は、あなたが聞かれたくないことをお客さんにも聞かない、ということで置き換えて考えると間違いないでしょう。

避けた方が良い話題として、

☆ 政治、経済、野球
☆ 金銭にまつわること
☆ 在籍店の悪口
☆ 宗教
☆ 年齢、住まいはどこか等

これらはきっとあなたも話題としてふってもらいたくないことですよね。

いちばん最初に挙げた、政治・経済・野球の話題は絶対に避けましょう。
水商売をされている女性やタクシーの運転手さんも、お客さんとは避けたいナンバーワンの話題のようです(笑)

あなたのプライベートな部分まで、サービスには含まれていません

個人情報を話さないようにしています(32歳)
プライベートを上手く隠すこと(34歳)

多くのお客さんはあなたが店舗の外で何をしているか、といったプライベートについての話題をふってくる人がいると思います。

この質問に対して、正直に答える必要はまったくありません。
あなたは店舗を介してお客さんと知り合っているからです。

「結婚してるの?」等、何度も聞かれて面倒くさいな…。と思うようでしたら、その店舗から与えられた源氏名で、いっそ架空のキャラクターを作成することをオススメします。
普段とは違う自分になれるということと、店舗でのキャラクターということが重なり、プライベートとお仕事のメリハリもつきます!

「フレンドリー」の意味を間違えないようにする

業務的にならないように、恋人や友達と会話をするような感じを心掛けています(21歳)

こちらの「恋人と会話するような感じ」について、深く掘り下げてお話します。

この回答者は21歳と書かれています。
私が風俗を始めたのは18歳でしたが、最初の店舗でスタッフから
「お客さんには彼氏と同じことすれば大丈夫だから」
と、この回答を頂いた女性と同じことを言われたのを明確に覚えています。

しかし、風俗のお仕事を長く続けていくと、この「恋人と会話するような感じ」が次第にツラくなってくるのです。
『擬似恋人』の『お客さん』から、お金を頂いているという違和感が出てきます。

風俗初心者のうちは『恋人感』や『フレンドリーさ』でお仕事に慣れることは大切ですが、次のステップでいかにプロフェッショナルになれるかという、自分との葛藤の時期が必ずやってきます。
そこで役立つのが『仕事とプライベートは別物』と割り切る姿勢です。

この女性たちも、そういう時期を乗り越えられてきたんだな…と感じた回答がこちら。

友達的な会話をしない(45歳)
プレイ中はタメ口使ってもそれ以外は使わない(21歳)
フレンドリーになり過ぎないこと(26歳)

お客さんは友達ではないことは、ここをご覧になっているハイスペックな女性はもちろんよく分かっていますよね。
彼氏でもありません。お客さんはお客さんなのです。

敬語や丁寧語を積極的に使うということは、線引きをする上でとても役に立ちます。

そして、最後にとても頑張っていらっしゃる女性の回答をご紹介します。

ジョークとか狙って言ったであろう言葉を逃さず笑う!全く面白くなくても!!(23歳)

「笑わせてやろうデヘヘ」と思っているまったく面白くないお客さんでも、この女性は大げさに笑って差し上げています(笑)

笑いはとても有効な接客手段でもあります。
まずは接客するこちら側が「笑う」ことで、お客さんに「あなたのことを信頼しています」という印象を抱かせることからです。
このパターンに慣れてきたら、相手を「笑わす」コミュニケーション術を掴むという次のステップに入れます。
これは逆に、お客さんがあなたのことを「信頼しています」という証になるのです。

今回のまとめ

今回のこの大長編の記事のまとめにふさわしい回答をご紹介します。

しっかり目を見て笑顔で話を聞くこと。相槌やリアクションはしっかりする。
お客様のテンションにあわせ、物静かな方なら落ち着いた話し方に。
笑いを求めている方なら、明るく楽しく。(29歳)


この女性、スゴいと思いませんか…?

大スペクタルになってしまった記事のまとめが、すべてここに集約されています(笑)
お会いできたお客さんに対して、「誠実さ」と「感謝」を持って接していれば、言葉にしなくてもあなたの気持ちは自然に伝わります。

あなたもきっとこんな粋な接客がきっとできます!
今週もお仕事、共にお仕事頑張りましょう!

▼全国の風俗求人をチェック

関連記事

プレゼント付アンケート

20名様限定

クッションマッサージ

スカウト登録して1万円貰えるキャンペーン