もう二度と会いたくないと思ったお客さん - 風俗コラム

全国版

掲載店舗2,529

女性会員89,732

風俗求人の心得
この記事は、風俗求人サイト「いちごナビ」が配信しています。
掲載店舗数2529件を誇る当サイトは全国各地の求人情報が満載!きっとあなたに合った求人が見つかりますよ♪

もう二度と会いたくないと思ったお客さん

お客さんは神様ですか?いいえ、違います。お客さんはお客さんです(笑)

2018.5.01更新

現役風俗嬢、企画単体AV女優の佐々木みいなです。
今回はいちごナビアンケート「もう二度と会いたくないと思ったお客はいますか?どういう経緯でそう思いましたか?」という質問に頂いた回答に基づいてお届けしていきます。

本番強要&ルール違反をするお客さん

無理矢理本番行為を行おうと力ずくで乗っかってきたり「娼婦のくせに」と、言ってきた人。絶対許せないし二度と会いたくはない(47歳)
本番禁止なのに本番強要。特殊なサービスの強要。出来ないと断ると「金払ってるのに」とか言うお門違いな人(39歳)
禁止されている本番行為をやんわりお断りした後、嫌味、皮肉(他の女の子はさせている)を言うお客様(49歳)
とても自分本位な方でした。NGとしているサービスをしつこくやってと言われ、時間が過ぎてもお構いなしな方でした。最後は逆ギレされてしまいました(26歳)
本番強要、ガシガシ指まん、文句、愚痴のオンパレード(33歳)
ルール外のことをしつこくしようとしてきた人。タイマーが鳴って、「一緒に出たいから~」と言ってきたので待っていたのに、なかなか着替えず故意に時間オーバーでホテルを出ようとしなかった人(27歳)
オプションでできないものを要求してくる人、本指名で返ってきても毎回要求されるので、断るのが苦痛です…(39歳)

皆さんすでにご想像の通りかと思う結果ですが(笑)
今回のダントツ、二度と会いたくないお客さんランキング第1位は、
本番強要をしてくるお客さんでした。加えて、ルール外のプレイを要求してくるお客さんや、オプション外のサービスを要求される方など…様々な人がいらっしゃいますね(笑)

上記の中で「故意に時間オーバーでホテルを出ようとしなかった人」という回答が
ありますが、私と同じホテヘル勤務をされているのではないか、と感じました。
こういった方は多くいます。行動がすべてトロいのです(笑)
次にお客さんが続いていない場合には私はいつもこうして促しています。

「15分単位だから、延長料金いただいても良いですか?」と。
突然、シャキン!となります。ふしぎですね(笑)
今度ドンくさいお客さんがいらした場合に是非、この言葉をお使いください(笑)

女性のプライベートを欲しがるお客さん

毎回連絡先をしつこく聞いてくる人(47歳)
しつこく連絡先や本名を聞いてくるお客さんです(38歳)

風俗のルールとして、お客さんと女性との連絡先交換は基本的にNGです。
上にある本番禁止のように風俗の禁止事項の同じような立ち位置にあります。これに対してもオススメのお断りワードがあります。

「お店の人に怒られちゃうから…」です。こんな可愛い切り返しですので、連絡先を聞きたがるお客さんは次にこうくるでしょう「言わないよ大丈夫!2人だけのひ・み・つ♡」と(笑)ここが究極の選択だ、とあなたに思わせたいのでしょう。

しかし、ずっと長くお店に通ってくれるという前提で連絡先を交換するという理由なら
お店を通せば良いだけなのです(笑)
このことを長く喋っていると会話が膨らんでしまうので「ダーメ♡また今度ね♪」とその場を立ち去ることをオススメします。私はこの手法で、お互いの連絡先を知らないまま、15年ほど続いているお客さんがいます(笑)

不潔系お客さん

部屋に入った途端に、抱きついたり押し倒してくる客。シャワー前なのにキスしようとしてきたりシャワー拒否。シャワー中に大人しくしててねって言ってもずっと胸やアソコを触り倒してくるガツガツしているお客さん(24歳)
不潔なお客様(29歳)
シャワー浴びても石鹸NGとかチンカス凄すぎるとか、自分勝手過ぎる人とか色々いました(32歳)

フケツなお客さんに当たる割合が高くなるのはデリヘルではないかと個人的に思います。
これは電話受付型であるという理由からです。店舗スタッフは女性を向かわせる先のお客さんがどのような様子なのか、ということが把握できないからです。
こういったフケツなお客さんに当たってしまった場合、自分で自分の身を守るしか対処法はないことが実情でもあります。
具体的に自己防衛はどうしたら良いのか、ということは以下、

☆ 体力的に弱っている時は、自己免疫力が低くなっているので出勤を取り下げる
☆ フェラチオサービスの時はコンドームを付ける
☆ サービス後に、手洗いうがい、ありとあらゆる粘膜を洗う

この3つを徹底することをオススメします。
私が風俗初心者の頃、カントン包茎のお客さんに当たった時に生死をさまよった経験からこの3つを知っていれば良かったのに…。と思うことから、この3つを守っていれば確実に自分の身を守ることに繋がると断言できます(笑)
この生死をさまよった話は、よるとも
の方で公開していますので、お時間がある時に今回の記事と合わせてご覧頂ければ幸いです。

変わってますね系お客さん

不精ヒゲなのにマ●コに顔をこすり付けてくるお客さん。痛かった(22歳)
潮がふけないとプロフにかいてあるにも関わらず潮をふけと要求してきたので無理と伝えるとおしっこ飲ませてといってくる客(22歳)
エロ漫画を読みながらサービスをさせるオタクのお客さん(30歳)
自分の唾液を手で私の全身に塗りたくってくるお客様。力が強かったしなによりもその行為が気持ち悪かった(25歳)

本当にいろいろなお客さんがいますね(笑)
特にご自身の唾液を女性に塗りたくるお客さんの回答ですが、こういった変態系のお客さんに私はなぜか当たらないのです。なぜでしょう?と考えて、ひらめいたのです。
私がこのお客さんに当たったら間違いなく「よくそんなに唾液でますね?何かコツがあるんですか?(笑)」と、質問攻めにすると思うのです(笑)

こういったご自身の変態性を笑いに変えてもらいたいお客さんには当たる確率が非常に高いのですが、ねとねと系の変態はただ、女性に気持ち悪がってもらいたいのでしょう。
変態嗅覚というものが働くのだと思います。しっとり系の変態客には私は向いていない、というより、必要とされていないようです(笑)

今回のまとめ

かなり濃い内容でお届けした今回の記事、いかがでしたか?
今回をまとめるのにふさわしい回答を2つご紹介します。

高圧的な態度のお客さん。お金を払ってるから何をしても良いと勘違いしていた(27歳)
話が噛み合わず、会話のキャッチボールができない、「うん」しか言わない。プレイがめちゃくちゃで何をやってもいいと思われてる。痛いやめてくださいと言っても止めてくれない。確かにお金は頂いてますが…最低限のマナーは守って欲しいと言っても聞く耳のない人(39歳)

風俗に限らず、「金を払ってるんだから俺は神様」と、神様ぶっているお客さんを
働いている多くの女性なら、一度は出会ったことがあるのではないでしょうか。

まず、お客さんは神様ではありません。お客さんはお客さんです(笑)
それ以上でもそれ以下でもないのです。
風俗には、風俗嬢とお客さんが出会う接続に必ず「店舗」というものが必要になります。
お客さんは私たちを守ってくれている店舗にお金を払っていますが、私たちはその日付いたお客さん全員(「神様な俺」だけではない)から頂いた金額のバックを頂戴しています。
お客さんが払った全額のすべてを頂いていません。
風俗嬢は個人プレーになりますが、あくまで店舗の一員としての役割を過不足なくやること。それだけで良いのです。

俺は神様だぜどうだすごいだろうフフン系のお客さんにも、私はもうだいぶ長いことお会いしていません(笑)なぜでしょう?「やだ、エラそうすごい(笑)カッコいい(笑)」と
確実に笑ってしまうからでしょうか…。

みなさま、今週も体調管理に気をつけながら、共にお仕事頑張って参りましょう!

▼全国の風俗求人をチェック

関連記事
スカウト登録して1万円貰えるキャンペーン