自分を磨かなくても美しい女性たちへ - 風俗コラム

全国版

掲載店舗2,582

女性会員90,034

風俗求人の心得
この記事は、風俗求人サイト「いちごナビ」が配信しています。
掲載店舗数2582件を誇る当サイトは全国各地の求人情報が満載!きっとあなたに合った求人が見つかりますよ♪

自分を磨かなくても美しい女性たちへ

39歳の風俗嬢から、20代を生きているあなたへ伝えたいこと-前編-

2018.5.22更新

現役風俗嬢、企画単体AV女優の佐々木みいなです。
今回はいちごナビアンケート「自分磨きで何かやってることはありますか?」という質問に頂いた回答に基づいてお届けします。今回は頂いた回答を年代別にまとめました。
次に来る誕生日でめでたく四十路(笑)を迎える私の目線から、みなさんにアドバイスできることも含めお届けしていきたいと思います!


女性は20歳を迎える時がいちばん恐いもの

人に見られる仕事なので美容には気をつけてます(19歳)
化粧品を定期的に買い換える!(19歳)

今回のアンケートで10代の回答者は2名だけでしたが、19歳から20歳のゲートをくぐる時
以上に怖かったものはなかった。と多くの女性は思われたのではないでしょうか…?
20歳を超えた瞬間から「もうオバサン」と、幼い時から自分が思い込んでいたからだと
思います(笑)
風俗は18歳から就業が可能ですが、18歳から20歳になるまでの女性は、とにかくいろいろな人に会い、いろいろな場所に行き、まるでスポンジのように外部からの刺激を受けることをオススメします。
たくさんの出会いの中で、これが自分の中で好き・嫌いということを判別するためにも、風俗は良い意味で女性がこれから長く生きていく上で、必ず役に立つと思います。

20代は1年1年が女性の一生のようなもの。だからしんどいし、長い(笑)

ビタミンをとる(20歳)
月1回のエステ(20歳)

20歳は10代との永遠の訣別をされたばかり。当人たちにしか分からない苦しみを伴う1年です。ビタミンを摂る、月1回のエステなどに足を運ぶこともうなずけます。

新陳代謝をあげること(21歳)

21歳。学生ならば就職を翌年に控え、まだ自分で将来をどうにでも決められる、といった曖昧さが余計に将来の不安を駆り立てる年齢でもあります。


ジムに通ってます(22歳)
ダイエット、肌の手入れ、髪の手入れ、勉強等です(22歳)

22歳は就職という具体的な難問が出てくるので苦しんでいるヒマはあまりありません。
ジムに通ったり、ダイエット等、基本的な外見の改造に取り組んでいることも非常に納得できます。

肌や髪のケアなど見た目・ボディタッチにかかわることはもちろん、会話を上手く続けるために本を読んだり、流行りの話題をチェックしたりするようにしている(23歳)
エステ(23歳)

女性が生涯の中でいちばん美しいと言われる23歳。磨けば磨くほど、肌はそのお手入れに応じた答えを出してくれます。鏡を何度も見てしまう年齢でもあります。
学校の成績ではまったく現れなかった自分が秀でているところが見えてくる時でもあり、逆に優等生だった女性が「ダメOL」に位置づけられてしまったりします。
23歳から始まる自分の適性と能力、やりたいことはなにかということを考えておかないと、20代は先へ進めば進むほどツラくなってきます。
「本を読んだり、流行りの話題をチェックする」という内面の部分も大切になります。

早く寝る(24歳)

女性は24歳を境に、男性と食事をしてもご馳走される機会が明らかに減ります。
割り勘になるのです。
このことにショックを覚えた日のことも私は明確に覚えています(笑)
これもひとつの成人式と呼んでいいかもしれません。そんな夜は、早く寝ましょう(笑)

お肌の手入れをしっかりやることです(25歳)
エステネイル小顔矯正筋トレ(25歳)
ネイルや美容室、マツエク。これからは、ジムに通う予定(25歳)

20代も半ば。文字通りお肌の曲がり角。「四捨五入したらもう30歳じゃない!?」と言ってしまったりします。

ダイエット(26歳)
ストレスためないように、趣味をたくさんもつ(26歳)
ヘアケアは結構頑張ってます。髪が綺麗とお客さんによく褒められたりします(26歳)
出来るだけバスや電車を使わずに歩く、髪のお手入れ、全身の保湿(26歳)
腹筋をやっています。毎日顔パック(26歳)

20代でいちばんツラい年齢とも言われている26歳。
代謝も下がり、明らかに今までの自分とは違う自分を見ることでストレスも溜まっていくでしょう。このことを理解した上で、ダイエットを積極的にしたり、趣味をたくさんもとうと考えている女性と、日々のストレスに身を委ねてしまっている女性とでは、
20代の後半と続けて30代に、自分の足で歩いていく『強さ』が変わってきます。

自他共に認める、若さにはすがっていられない26歳。今まで周りから言われ慣れていた「若いから」と優しくしてくれていた人はいなくなります。
こういったことが積み重なりすっかり自信を失っている女性と、
自信が満ち溢れている女性と大きく分かれていく年齢です。

さらに世間が言う女性の『結婚適齢期』というわけのわからないものが26歳というのもあり『結婚』するか『仕事』をするかということに自らで答えを出さねばならないと焦りを感じる女性も多いでしょう。しかし、大いに悩んで悩みぬいて下さい。
26歳で決断したことは、女性が歩いていく今後の人生を大きく揺れ動かします。

今回のまとめ

今回、とても長くなってしまい、20代の中でいちばんツラい26歳で終わってしまいましたが、26歳から歳上の女性…すみません。来週の更新を楽しみにしていて下さい♡
ここまで自分磨きに関する年齢のアンケートをまとめる中で、この女性はここから非常にうまく進めそうな予感がする回答を今回のまとめとしてご紹介させて頂きます。


美容は特に…内面的には人の話をよく聞いて考える(23歳)

女性が生涯の中でいちばん美しいとされる23歳を、この人は当事者として生きていると、
私は感じました。もうご自身のことをわかっているのかもしれません。

「人の話」を「よく聞いて」「考える」という言葉の中に、
「こちらが選んだ人に聞いたことでも鵜呑みにしない」というこの女性が持っている強い『意志』が見えるからです。
23歳という女性の年齢は、どうやらもう「若さ」だけではもう通用しないらしい。と、
じわじわとその年齢を生きている本人に理解させてくる日常があります。

「外見だけではなく、内面も充実していないとダメ」という現実を見よ…!と言われるのです。まだ生まれて20年とちょっとしか経っていない女性なのに!!です。


みなさま、今週もお仕事、共にはりきって頑張りましょう♪

▼全国の風俗求人をチェック

関連記事
スカウト登録して1万円貰えるキャンペーン