店舗スタッフが女性に気をつけていること - 風俗コラム

全国版

掲載店舗2,671

女性会員90,316

風俗求人の心得
この記事は、風俗求人サイト「いちごナビ」が配信しています。
掲載店舗数2671件を誇る当サイトは全国各地の求人情報が満載!きっとあなたに合った求人が見つかりますよ♪

店舗スタッフが女性に気をつけていること

これを読んだら、きっとあなたも風俗で働きたくなります

2018.6.19更新

現役風俗嬢、企画単体AV女優の佐々木みいなです。
今回はいちごナビアンケート「働く風俗店を決めるときに優先すること第3位は“スタッフの対応”でしたが、店舗様で気をつけていることはありますか?」
というアンケートを店舗のスタッフにアンケートを取りました。
今回はこの質問に頂いた店舗スタッフさまからのアンケート結果に基づいてお届けします。

店舗に在籍している女性とは敬語で会話すること

基本、どんな女性でも敬語です。スタッフと女性、お互いを尊重し合えるようにしています(関西)
言葉遣い、挨拶などの礼儀作法の徹底、気配りなど定期的にミーティングをしております(東海)
言葉遣いや女の子の接し方、出来るだけ女の子が働きやすい環境を整えること(北関東)
基本的に男性スタッフから女の子に話をする際には、必ず敬語を使うこと。困ったことがあれば、相談にのって解決するようにしてます(東海)
弊社スタッフは、会社のルールとして、女性全てに敬語を使用する、髪や服にすら触ってはいけない、連絡先交換禁止など、厳格に決まっており、この業界でいまだよく聞くセクハラや色恋といったものが絶対にないように、注意しております(中国・四国)

基本中の基本ですが、お仕事をする場において「敬語で話す」ということは、
常識ということはすでに皆さんお分かりかと思います。
自分の経験から分かったことですが、女性に『仲良しアピール』といった典型的なコミュニケーション(タメ口、ボディタッチ)を取ろうと一生懸命になっている店舗は、あまり期待できません(笑)
上記回答を頂いた店舗は、女性をとても大切に思っているということが伝わってくるので
あたたかい気持ちになりました…!

店舗にいる女性に感謝し大切にすること、個々の女性を差別しないこと

キャストさんあってのお店と常に思って感謝の気持ちをもって接しています(東北)
女性の都合を尊重しています(東海)
仕事のことだけではなく、プライベートでの悩みなど、なんでも聞いてアドバイス出来る様に心がけております(関東)
女性のケアです。悩み事や不満があると、すぐに対応させて頂いています(関西)
まず女性が話しかけてくる時はどんなに忙しい状況、バタバタしている状況であったとしても必ずその女性の目を見て話すようにスタッフ全員が心がけております(関西)
スタッフ・ドライバー全ての従業員はキャストさんに対して居心地の良い環境を作る努力を常にしている事。送迎途中もキャストさん達がお仕事に行きやすい、気持ちを盛り上げる努力をしています(東海)
働く子の差別をせず、仕事や仕事以外の事でも相談にのる(北海道)

働いてくれている女性に対して、スタッフが感謝の気持ちを持って接してくれていると、
女性も自分のためだけではなく「店舗に貢献したい」と考えてお客さんへサービスができるので、良いことづくめだと私は思います。
店舗に利益が生まれるのは、『お客さんと接している女性がいるからこそ』だからです。

7番目にある回答では店舗に在籍をおいている女性の差別をしない、ということだと思うのですが、これはかなり重要です。
スタッフも皆さん人間ですので、それぞれ好き嫌いがあるのは当たり前ですが、
そういった私情は一切、仕事に持ち込まない!ということを心掛けているようです。

ここからはとても深い回答だなぁと私が感じたものになります。
ひとつひとつ取り上げていきたいと思います。

なるべく担当制にし、それ以外のスタッフの接触をさける。
担当制にすることにより女の子の状況などを把握する事ができ素早く対応できる(信越)

とうとう風俗にも、店舗スタッフの担当制という時代がきたのですね…。
過去に私が水商売をしていた時に、男性スタッフの担当(私の担当は、初老の方でした)がいて、個々に売り上げを上げるための相談、女性同士のサポートの入り方の振り分け等のミーティングなどをしていましたが、風俗にも担当制があるとは驚きました。
私の初老担当に話が通じないとき(笑)等には、他のスタッフに連絡ができましたが、上記回答を頂いた店舗は担当以外のスタッフと女性は接触できないとのこと。
例えば女性がこの担当スタッフに少しでも「嫌だな」と感じたときに逃げ場のようなサブ担当スタッフをもうけてみても良いのではないか、と私は感じました…。

あなたはどう思いますか…?

なんでも採用しない!従業員教育も実施している(九州・沖縄)

風俗に来る女性はすべて受け入れる、といった時代はとうに終わっています。
面接に来る女性を身分証さえ持っていれば、どんな女性であろうが採用する店舗はいまだに多く存在していますが、いわゆる『在籍嬢散らし』と呼ばれる(そこに在籍を長く置いている女性も辞めたくなるほど強烈な女性)は、年に1回以上必ずやってきます(笑)
ひとりを受け入れたために大打撃を被ることもあるので、この回答はかなり的を得ていらっしゃいますね。

なんでも採用しない!従業員教育も実施している(九州・沖縄)

風俗に来る女性はすべて受け入れる、といった時代はとうに終わっています。
面接に来る女性を身分証さえ持っていれば、どんな女性であろうが採用する店舗はいまだに多く存在していますが、いわゆる『在籍嬢散らし』と呼ばれる(そこに在籍を長く置いている女性も辞めたくなるほど強烈な女性)は、年に1回以上必ずやってきます(笑)
ひとりを受け入れたために大打撃を被ることもあるので、この回答はかなり的を得ていらっしゃいますね。

全てのスタッフがモチベーションを維持できる様コミニュケーションの場を設けたり店舗清掃、受付からリスト業務、女性管理まで幅広くひとりひとりが活躍できる様にやりがいある仕事を与えています(東海)

上記の店舗、素晴らしいと思いませんか…?(感泣)
『女性のことを語るより先に、スタッフに元気がなかったら、新規客は訪れない』
ということをこの店舗は知っているのでしょう。
「ひとりひとりが活躍できる場」とは、なんて美しい言葉なのでしょうか…うっとり…♡

正直、お店自体は高級店ではないのですが中身は高級店に負けないような対応をスタッフ一同目指しております(東北)

現在は、高級店ではなくても中身は高級店にしようと頑張っているなら、女性も店舗スタッフの
心意気に同調すると思います!応援してます!頑張ってください!

風呂に1日2回入る(関西)

貴店独自のこだわりが強いのでしょうね(笑)

今回のまとめ

今回の店舗が尽力されている「働く風俗店を決めるときに優先すること第3位は“スタッフの対応”でしたが、店舗様で気をつけていることはありますか?」いかがでしたか?
風俗に入ろうかどうしようかと迷っている女性も、
きっともう居てもたってもいられなくなったと思います(笑)

今回のまとめにふさわしい回答をご紹介させていただきますね。

まず特別視しない!という事でしょうか。どの店舗でも売れっ子は存在すると思いますが、売れる子・売れない子関係なしに平等に接する事です。正直な話、入店当初と同じ対応はできません。慣れてしまってフレンドリーにならないように気を付けております(関東)

この店舗のスタッフがおっしゃっている通りで、日本にあるどの店舗でも必ず売れる女性・売れない女性はいます。もちろん売り上げに貢献してくれている女性をお客さんに勧めたい気持ちをグッと抑え、店舗に在籍している女性が1日に平等に稼げるように、と
風俗店は成り立っています。
そして本音を語ってくれていますが『フレンドリーになりすぎないこと』も重要です。
女性側も店舗スタッフに馴れ馴れしくしすぎないように気をつけましょうね♪

みなさま今週も共に、お仕事はりきって頑張りましょう♪

▼全国の風俗求人をチェック

関連記事

プレゼント付アンケート

40名様限定

ヘアブラシ

スカウト登録して1万円貰えるキャンペーン