風俗嬢の履歴書 - 風俗コラム

全国版

掲載店舗2,707

女性会員90,904

スカウト登録1万円キャンペーン

この記事は、風俗求人サイト「いちごナビ」が配信しています。
掲載店舗数2707件を誇る当サイトは全国各地の求人情報が満載!きっとあなたに合った求人が見つかります♪

風俗嬢の履歴書

風俗のお仕事以外で、私が経験した仕事は…

2018.6.26更新

現役風俗嬢、企画単体AV女優の佐々木みいなです。
今回はいちごナビアンケート「風俗のお仕事以外で経験した仕事は何ですか?」
という質問に頂いた回答に基づいて、お届けします。

風俗嬢はお堅い職業の女性が多い!?

歯科助手(30歳)
看護師(38歳)
看護補助(25歳)
介護(32歳)
介護の仕事(30歳)
介護、介助ヘルパー(33歳)
保育士(48歳)
保育士(26歳)
託児所の臨時保母(40歳)
病院受付(23歳)

医療、福祉関係のお仕事を経験された女性の回答です。
歯科助手、看護師、介護士、保育士、病院勤務など…。
若いときの私も高齢のお客さんにつくことが多く(風俗ってよりも、介護やってるみたいだな…)と思うこともよくありました(笑)風俗のお仕事をする前に介護のお仕事を経験されている女性は、風俗のお仕事に向いていると思います。
加えて、私が歳をとってきた現在、高齢のお客さんに替わって若い男性客につくことが増えてきたのです(笑)この若いお客さんのお望みは、
「よしよし、いいこいいこしてください♡」と可愛がってもらいたい、というサービスのお願いをされるのです(笑)若干の気持ち悪さを感じながらも
「いいこだねー♪どうしたの?会社でいぢめられたの?そうなんだねー。
おー。かわいそかわいそ。よしよしよしよしよしよし…いいこいいこ…」
を繰り返しています(笑)
「そんなエピソードと一緒にするな」と言われそうですが、私も保育士さんや保母さんなどを過去にしていたら今に活かせたのかな…と考えながらお客さんの頭を撫でています(笑)

専門的な資格が必要なお仕事を経験している風俗嬢もいた!!

教師(27歳)
金融機関(44歳)
家庭教師(34歳)
秘書、CA(28歳)
保険代理店の事務(28歳)
保険営業(26歳)
輸入通関事務(38歳)
葬祭業(26歳)
英語教師(32歳)

専門的なお仕事をしていてそれなりの役職に就かれている人の特徴として、
オン・オフの切り替え、時間の使い方、人に気を遣える方が多いのではないでしょうか。
キャリアウーマンと呼ばれている女性が風俗に入ってきたら、それはもう…(笑)売れっ子になること間違いなし!となるのはみなさんもうなずけると思います。
そして上記に回答をいただいた職業は、どれも『人への思いやり』が求められる業種です。
こうした他業種の仕事を経験したからこそ、風俗という仕事に興味を持つということも
とても共感できます。

電話受発信、事務系のお仕事も

コールセンター(25歳)
テレアポ(33歳)
テレホンオペレーター(33歳)
カードローン会社の電話受付(40歳)
コールセンター(30歳)
電話オペレーターと派遣アルバイト(35歳)
営業事務(34歳)
医療事務(47歳)
事務(46歳)
事務員(50歳)
派遣社員(33歳)

コールセンターのお仕事、私もしてました!「人が好き」で、コツコツ仕事をしたい人にはうってつけのお仕事ですよね。
受信も発信(営業)もやりましたが、発信で続いたのは家賃の督促の電話をかけるバイトだけでした(笑)
私の場合は、どうやら見えない相手にサービスや物を売ることがニガテなようだ、と
早いうちに理解できたこともあり(笑)家賃督促発信電話以外はひたすら受信コールセンターをしていました。営業事務や派遣バイトもしましたが、これも間に派遣の仲介会社というものが入って『出向先で仕事をする』というスタイルは向いていないんだな、と何ヶ月かやったからこそ、自分の向き不向きがしっかりと理解できました(笑)

いろいろやったから、風俗嬢

ここからは、様々な業種を経験したから風俗嬢になったという回答をご紹介します。

ガールズバー→葬祭業→飲食業(26歳)
104、ファストフード店、宅配寿司屋→保険屋→ホステス→コンビニ(39歳)
セラピスト→塾講師→キャバクラ→スナック(36歳)
事務→販売→テレクラの受付→ウエイトレス→コールセンター→セクキャバ(38歳)
スーパーのレジ打ち→イベント会場のお仕事→ニュークラブ→スナック(39歳)
コンビニ→スナック→キャバクラ→ガールズバー(19歳)
着物の営業販売員→アパレル店員→ワインバー店員(26歳)

みなさんさまざまな就業を経験されていますね。私も同じです。
本当にいろいろやりました…。
学生時代の愛読書は日曜日の新聞のチラシと一緒に入っている求人情報紙で、一人暮らしを始めてからバイト情報誌に、いちごナビが加わった感じです(笑)
おもしろそうだな、といった本当に単純な理由は、私にとって起爆剤で、原動力だからです。
『続けていく』ということも確かに大切かもしれません。
しかし、若い世代と呼ばれる限られた時間に、たくさんの人に会って、
いろいろな場所に行き、自分の目で見て、話して聞いて、『そこが持っている空気を自分の体で確かめる』ということの大切さも、忘れないで下さい。

今回のまとめ

今回の「風俗のお仕事以外で経験したお仕事」いかがでしたか?
まとめにふさわしい回答を今回は2つご紹介しますね。

ラブホテルのフロントをしていました(32歳)
風俗しかしたことありません(24歳)

ラブホテルのフロントは、中にいる人の顔を見せていないホテルが多くありますが、この人たちは、風俗嬢らしき女性に部屋番号伝えられてばっかりでこの仕事も大変だろうな…と思っていたのです。やっぱり、
「もう私も部屋番号教えられる側じゃなくて、伝える側になろう。」
と思いますよね(笑)

風俗しかしたことがない女性もステキです!接客スキルを身に付けてこれから何をするか
決められる側ではなく、あなたが決める側になれるのですから!

みなさま今週も共に、お仕事はりきって頑張りましょう♪

▼全国の風俗求人をチェック

関連記事

プレゼント付アンケート

50名様限定

りぐる夢美肌マスク

スカウト登録して1万円貰えるキャンペーン