風俗バイトの面接マニュアル|当日の流れから質問内容・確認項目まで - 風俗コラム

全国版

掲載店舗3,660

女性会員92,663

スカウト登録1万円キャンペーン

この記事は、風俗求人サイト「いちごナビ」が配信しています。
掲載店舗数3660件を誇るいちごナビは全国各地の風俗求人情報が満載!きっとあなたに合ったお仕事が見つかります♪

風俗バイトの面接マニュアル|当日の流れから質問内容・確認項目まで

風俗バイトを探す女の子はもちろん、すでに面接を控えているという女の子も、ぜひ参考にしてください。

2019.2.22更新

近年では、高収入を稼ぎたく「風俗バイト」を始める女の子も少なくありません。風俗の面接は一般のバイトの面接と異なる点が多く、確認しておくべきポイントがたくさんあります。

そこで今回は、風俗バイトの面接が初めてで不安を感じている女の子のために、面接当日の流れや当日に確認しておくべき項目まで、詳しくご紹介します。
これから風俗バイトを探す女の子はもちろん、すでに面接を控えているという女の子も、ぜひ参考にしてください。



目次

1. 【風俗バイト】面接当日の流れ
1-1. 面接時の身だしなみ・持ち物について

2. 面接官によく質問される3つの内容と評価される回答例
2-1. 志望動機
2-2. 希望の出勤日時・給料額
2-3. 風俗バイト経験の有無

3. 面接でしっかり確認しておくべき項目
3-1. バック額
3-2. 基本プレイ・オプション内容
3-3. 待遇

まとめ



1. 【風俗バイト】面接当日の流れ



お客さんと1対1で関わることが基本である風俗。一般的なお仕事とは提供するサービスの内容が大きく違えど、風俗業もれっきとしたサービス業です。そのため面接官は、女の子の容姿はもちろん、内面や人柄もしっかりとチェックしています。
何も知らずに面接に臨み、緊張で何もアピールできないよりも、事前に当日の流れを把握しておくことで、落ち着いて対応ができるでしょう。

まずは、風俗バイトの面接当日、実際に働き始める「体験入店」までどのような流れで進むのか大まかな流れを以下でご紹介します。

①指定された場所へ面接に向かう

②エントリーシートを記入

③質疑応答・ボディチェック・軽い雑談など

④講習

⑤体験入店

一般的なお仕事の面接であれば「履歴書」が必要ですが、風俗バイトの面接では履歴書が不要になります。そのかわり、面接官から渡される「エントリーシート」を記入する必要があります。
また質疑応答では、お店の基本プレイやオプションを説明しながら、どのオプションをOK/NGにするかを決めます。

面接から体験入店までの流れを一日で済ます方も居れば、講習の日程を改めて決めて、その後体験入店を行う方もいます。



1-1. 面接時の身だしなみ・持ち物について



風俗バイトの面接では、身だしなみにおける一定の決まりはありません。しかし、面接官に好印象を与えるためには気を付けておきたいポイントがあります。

風俗バイトでの面接だからと言っても、過剰な露出を意識した服装・華美なメイクは望ましくありません。
一般的な就職活動のようにスーツで黒髪に統一するような必要はありませんが、女性らしく清潔感のある服装や、万人受けするナチュラルなメイクは面接官に好印象を与えるでしょう。


また、風俗バイトの面接で最低限必要となる持ち物は、以下の通りです。

・顔付きの身分証明書
・メモ帳
・筆記用具
・着替え用の下着

18歳未満は風俗バイトができないため、確認のために顔付きの身分証明書が必要です。
面接官が話してくれた条件や待遇などをしっかりメモするためにも、メモ帳と筆記用具は必須です。メモをとることは、働き始めた後に「面接の時に言っていたことと違う」ということでトラブルが発生することを防ぐための、一つの方法でもあります。
また、体験入店があった場合に備えて、替えのショーツを持参すると安心です。

これら面接時の身だしなみや持ち物は、どのようなジャンルの風俗店でも共通して必須であるため、忘れないでおきましょう。


2. 面接官によく質問される3つの内容と評価される回答例



風俗バイトの面接では、エントリーシートを記入した後、面接官からさまざまな質問を受けることがあります。
どのような質問をされるかは人によって異なりますが、ある程度質問内容と返答をイメージしておかなければ、当日に頭が真っ白になってしまい、自分の魅力をきちんと面接官に伝えることができない、ということも考えられます。

そこでここからは、面接官からよく聞かれる質問内容とそれに応じた好印象を与える回答例をご紹介します。



2-1. 志望動機


一般的なお仕事の面接でも質問されるように、風俗バイトの面接でも「なぜ風俗店で働こうと思ったのか」という志望動機は基本的に質問されます。
志望動機により女の子のやる気が判断されるため、きちんと答えましょう。

よくある質問例:
「どうして風俗店で・どうしてうちの店で働こうと思ったの?」

お手本回答例:
→「〇〇の理由で、たくさんお金が必要です。こちらのお店なら自分でも稼げると思って応募しました。」
(〇〇には、マンションを買いたい・借金がある・奨学金を返すなど、具体的な理由を入れましょう)

大金が必要などの明確な理由があれば、隠さずに話した方が面接に受かりやすくなります。
風俗店での勤務を希望する女性の大半の目的がお金であることは、店側は承知の上です。
そのため、明確な目的がないまま風俗店での勤務を希望する女性は「すぐに辞める」と思われ、不採用となってしまう可能性もあります。
採用してもらえるためにも、目標金額に向かってしっかり励むつもりであることを店側にアピールしましょう。


2-2. 希望の出勤日時・給料額


「希望の給料額があったのに、全く稼げなかった」ということが無いよう、希望の出勤日や時間帯、さらに給料額についてはほとんどのお店で必ず確認されます。
面接官は、女の子の希望の給料額に合わせて出勤日数を調整してくれるため、なるべく具体的な額を伝えておきましょう。

よくある質問例:
「お給料はどのくらいか考えていますか?どのくらい出勤できる?今日から出れる?

お手本回答例:
→「最低でも月に30万は稼ぎたいなと思っています。基本的に18時からの週4~5日勤務で、土日祝はお昼からも出勤することができます。」

希望の給料額は、「より具体的な目標」でもあります。希望給料額はそこまでこだわっていなくて、週3~4日の時もあれば、週1の時もある、など全てにおいて明確でない場合は、面接官からも良いイメージを持たれません。
「週5日働きます」と言って、必ず約束を守らなければならないなんてことはないため、仮に毎週必ず働けないことがわかっているのであっても、きちんと希望の日数と給料額は明確にしておきましょう。


2-3. 風俗バイト経験の有無


お店により、風俗バイトを経験したことがあるかを質問されることもあります。
風俗店の経験者ができるプレイ内容と、素人ができるプレイ内容では当然、差があります。お仕事に対してどこまで理解済なのかにより、採用後のフォローが異なるため、正直に答えましょう。

よくある質問例:
「今まで風俗バイトを経験したことはありますか?」

お手本回答例:
→「経験は正直言うと、全くありません。初めての応募で不安でしたが、こちらのお店でなら頑張れそうです。しっかりと覚えて挑戦していきたいと思っています。」

風俗バイト経験の有無は、採用の合否に必ずしも影響があるわけではありません。素人の女の子を好まれるお客様も多いため、経験がないから採用されないということでありません。

経験がないことが不利だと思わずに、正直にありのままの状況を伝えるようにしてください。また、回答例のように「未経験だから不安」というイメージを与えるより、「未経験だからこそ頑張ります」とやる気を見せる方が、印象は全く異なるでしょう。


3. 面接でしっかり確認しておくべき項目



質疑応答や軽い雑談だけでは、お店の雰囲気はまだまだ掴めません。そのため、事前に確認しておきたい内容をしっかり準備しておきましょう。

自分からきちんと勤務内容について確認をとることは、「勝手な判断をしないきちんとした人柄」だと評価してもらえます。


ここからは、面接で特に確認しておくべき項目をご紹介します。



3-1. バック額



風俗店の求人情報には、バック率が明記されていない場合も多いです。1日で数万円は稼げると聞いて入店したのに、実際はバック率が低くて全然収入にならないということもあり得ます。

風俗店で働く場合の平均バック率は6~7割です。最低でも1本につきバック率が半分の5割以上であるかを面接時に確認しておきましょう。


3-2. 基本プレイ・オプション内容



面接をしてくれるお店では、基本的にどのようなプレイ内容を行っているかを必ず確認しておきましょう。同じように見える風俗店でも、コンセプトによって基本プレイやオプションは異なります。

基本プレイは基本的に必ずお客さんに対して行うサービスであるため、NGを指定することができません。しかしオプションは女の子が自身でOK/NGを決めることができるため、事前に面接官に苦手なプレイを伝えておくと良いでしょう。



3-3. 待遇



風俗店では日給保証などのお金に関する待遇や、自宅待機など働き方に関する待遇など、さまざまな種類の待遇が存在します。
しかし、人によっては必要のない待遇もあるでしょう。そのため、必ずしも「待遇が多い=自分に適したお店」であるわけではありません。
とは言え、待遇の多い風俗店は女の子のことをしっかり考えているお店であるとも言えます。

また、日給保証や自宅待機においては、自身で申告しなければ適用されません。まずはお店に待遇がどれだけあるかを聞き、自分に適した待遇があるかをチェックして、希望があればきちんと面接官に相談しておきましょう。



まとめ


未経験の女の子にとって、風俗バイトの面接を初めて受ける際は、一般的なお仕事の面接と同様、もしくはそれ以上に不安に思うでしょう。しかし、風俗バイトの面接は予め流れや雰囲気を掴んでおくことにより、落ち着いて受けることができます。


基本的に風俗バイトは採用率が高いことが魅力ですが、落ち着いて自分らしさをアピールすることができれば、今後の評価にも大きく繋がるでしょう。ここまでの内容を参考に、ぜひ風俗バイトの面接に挑んでください。








▼全国の風俗求人をチェック

関連記事
スカウト登録して1万円貰えるキャンペーン