風俗嬢の給料相場とは?ランクで紹介|バック率と集客力に注目!稼げるお店の探し方 - 風俗コラム

全国版

掲載店舗3,971

女性会員93,082

スカウト登録1万円キャンペーン

いちご白書は、風俗求人サイト「いちごなび」が配信しています。
掲載店舗数3971件を誇るいちごなびは全国各地の風俗求人情報が満載!きっとあなたに合ったお仕事が見つかります♪

風俗嬢の給料相場とは?ランクで紹介|バック率と集客力に注目!稼げるお店の探し方

風俗嬢のお給料に関して、給料の相場や仕組みを徹底的に分かりやすくご紹介します。

girl_smile

女性向けの高収入バイトの一つである、風俗。たった数日で、家賃が払えるくらいの金額を稼ぐこともできる世界です。しかし、高収入ということは知っていても、具体的な金額やお給料の内訳など、より踏み込んだ部分は知らない女の子も多いでしょう。

そこで今回は、風俗嬢のお給料に関して、給料の相場や仕組みを徹底的に分かりやすくご紹介します。風俗求人を比較するときに役立つポイントも解説しているため、お仕事探しにぜひ役立ててください。

1. 風俗嬢の給料相場|お店の「ランク」による違い

風俗嬢の給料相場は、ソープランドやデリヘル・店舗型ヘルスなどによくあるお店のランクに大きく左右されます。
お店のランクは、お客さんが支払う金額の大きさで格安店・大衆店・高級店の3つに分けることができます。ランクが上がるほどスキルが求められ、風俗嬢の給料相場も上がる傾向にあります。

風俗店のランク 一日平均給料
格安店(もしくは激安店) 3~4万円
大衆店(もしくは中級店) 5~7万円
高級店 8~10

ご覧の通り、高級店にもなれば1日10万円、あるいはそれ以上稼げる可能性もあるため、月収100万円越えも十分狙えます。
しかし高級店には厳しい選考があり、容姿の良さだけでなく、上品で気品溢れるプロの立ち振る舞いが求められます。
例えば、格安店や大衆店では追加料金が発生するようなサービスでも、高級店では「やって当たり前」という場合があります。サービス内容を事前にしっかり確認してお店を選びましょう。

2. 風俗バイトのお給料の仕組み

風俗嬢のお給料の仕組みは独特で、よくあるアルバイトのシステムとは大きく異なります。
よく調べないままお店を選んでしまい、実際に働き始めてからお給料の詳しい仕組みを知る方は、決して少なくありません。

初めから安心して働けるよう、お給料の仕組みを事前にしっかり把握しておくことが賢明でしょう。ここからは、風俗のお給料の仕組みについて詳しく解説します。

2-1. 基本は日払い・歩合制

よくあるアルバイトでは、「毎月〇日に、指定の銀行口座にお振込」という形でお給料が振り込まれます。しかし風俗嬢のお給料は日払いが基本であるため、仕事を終えて退勤する際に、その日のお給料が手渡されます。

また、風俗はお客さん1人につきお給料が増える「歩合制」が基本です。
つまり、たくさんのお客さんを相手すると、その分お給料は多く貰うことができますが、反対に1人もお客さんがつかなければ、たとえ出勤したとしても、その日のお給料は0円となります。

2-2. バック

風俗嬢が手にするお給料は「バック」と呼ばれます。お客さんが選ぶコース料金に応じて、風俗嬢の取り分となるバックが決められています。
バッグには、「基本バック」「指名バック」「オプションバック」の3つの種類があります。

基本バックは、お客さんの相手をすれば必ずもらうことができる、風俗嬢の基本給です。接客する時間に応じて、風俗嬢の取り分であるバックが決まっています。 指名バックは、その名の通り、指名料金から得られるバックです。お店によって異なりますが、指名料の半額もしくは全額がバックとして支払われることがほとんどです。 オプションバックは、通常のプレイにプラスして、お客さんがオプションサービスを利用したときに発生するバックです。指名バック同様、オプション代の半額~全額を受け取ることができます。

2-3. お給料から引かれる「雑費」について

バックは、すべて全額を受け取ることができるわけではありません。
風俗嬢のお給料には「雑費」というシステムがあり、稼いだ金額から一部、雑費という名目で天引きされることとなっています。

雑費とは、簡単に言うと「お店を運営していくために必要なお金」のことで、以下のような出費に充てられています。

  • タオルやコスプレのクリーニング費
  • ローション、うがい薬、アダルトグッズなどの備品
  • 送迎する車のガソリン代

しかし最近では、雑費の天引きが無いお店も増えてきたため、お店選びの一つの参考基準にしても良いでしょう。

雑費がいくらになるかは、お店によって異なります。
「一律で〇千円」と金額を固定しているお店もあれば、「その日稼いだお給料の〇%」というふうに、金額に応じて変動するシステムを採用しているお店もあります。
変動型のお店であれば、目安として「おおよそ給料の10%程度が引かれる」とイメージしておくと良いでしょう。

3. 風俗求人の平均バック率はどれくらい?

風俗求人サイトなどを利用してお店を探す際に必ず確認しておきたいことが、バック率です。
前項でバックについてご紹介した際、“お客さんが2万円のコースを選んだ場合、お店側に1万円、バックが1万円”とお伝えしました。
お客さんが払った2万円の料金に対して、その半分である1万円のバック給料が発生しているため、この場合のバック率は50%です。

バック率はお店により異なるものの、50~70%の間が一般的とされています。また格安店は低く、高級店になるほど高くなる傾向にあります。 高級店と格安店を例に、お給料のシミュレーションをしてみましょう。

■高級店

  • バック率70%
  • お客さんは120分40,000円のコースを選択
  • 指名料2,000円、全額バック
  • 雑費5%

この場合、

  • 基本バックで+28,000円
  • 指名バックで+2,000円
  • 雑費で-1,500円

となり、合計して28,500円のバックを貰うことが可能です。 では、格安店を例に出して見てみましょう。

■格安店

  • バック率50%
  • お客さんは120分19,000円のコースを選択
  • 指名バック2,000円
  • お客さんひとりにつき500円の雑費(上限は3,000円)

この場合、

  • 基本バックで+9,500円
  • 指名バックで+2,000円
  • 雑費で-500

となり、合計して11,000円のバックを貰うことが可能です。

あくまで一例ですが、同じコース時間でも、高級店と格安店ではこれだけ大きなお給料の差が生じます。 比較すると格安店のB店はあまり稼げていないように感じるかもしれませんが、普通のバイトに比べると、はるかに高額なお給料を稼いでいると言えます。

4. 稼げるお店を探すなら「バック率」と「集客力」に注目

お店を選ぶ上でバック率は非常に重要なポイントですが、同じくらい大切なのが、「お店の集客力」です。
そして、中でも決して忘れてはならないことが、風俗嬢は歩合制だということです。
時給制のように、お店にお客さんが来なくてもお金がもらえるわけではありません。そのため、たとえバック率が高くても、集客力の悪いお店は稼げる可能性が格段に下がります。

また、手堅く稼ぎたいのであれば、あえてランクを下げてみることもおすすめです。 容姿に自信があるからといって高級店で働くのではなく、あえて集客力のある大衆店で働くことで、お茶をひくリスクを無くすことができます。 高級店で1日1,2人しかお客さんがつかない嬢と、大衆店で1日にたくさんのお客さんがつく嬢とでは、後者のほうがはるかに稼げる傾向にあります。

現時点で持っているスキルや勤務時間をきちんと考えて、自分に最も適したお店を選ぶことが、相場以上にお給料を稼げるコツだと言えるでしょう。

まとめ

風俗店には「ランク」があり、それぞれのランクに応じたお給料が支払われます。一般的に「高収入が稼げる」と言われている風俗バイトですが、しっかり稼ぎ続けるためには、お給料の仕組みを把握しておかなければなりません。

また、高級店やバック率の高いお店は稼ぎやすいというイメージがありますが、このようなお店で働くと誰でも簡単に稼げるわけではありません。スキルや勤務時間により、他のランクのお店で働く方がさらに稼げる、というケースも多いです。

この記事を参考に、風俗嬢のお給料についての知識を深めながら、ぜひ自分に合ったお店を見つけてください。

1万円が当たる!
関連記事
スカウト登録して1万円貰えるキャンペーン