風俗バイトの「店外」とは?断るべき理由から誘われた際の断り方まで - 風俗コラム

全国版

掲載店舗3,661

女性会員92,843

スカウト登録1万円キャンペーン

いちご白書は、風俗求人サイト「いちごなび」が配信しています。
掲載店舗数3661件を誇るいちごなびは全国各地の風俗求人情報が満載!きっとあなたに合ったお仕事が見つかります♪

風俗バイトの「店外」とは?断るべき理由から誘われた際の断り方まで

風俗バイトの店外デートな具体的にどういうことか、そしてなぜ禁止されているかをお伝えするとともに、万が一お客さんから誘われた際はどのようにして断るべきかもご紹介。

girl_smile

風俗店でアルバイトをしているうちに、お客さんから「店外デート」に誘われることもあるでしょう。しかしほとんどのお店では、店外デートが禁止されています。単純に禁止行為だからダメという問題だけでなく、店外を断るべき理由は他にもあります。

しかし、風俗店で働き始めたばかりの方や風俗バイトに興味のある方にとって、お客さんから誘われたときにどうやって断ればよいか分からなくて悩んでしまう人も多くいるでしょう。

そこで今回は、風俗バイトの店外デートな具体的にどういうことか、そしてなぜ禁止されているかをお伝えするとともに、万が一お客さんから誘われた際はどのようにして断るべきかもご紹介します。

風俗でよく聞く「店外デート」とは?

風俗店のお客さんとは基本的に店舗内でのみ接客するものですが、お店を介さずにお客さんと会い、プライベートな時間を自由に使ってデートすることを「店外デート」と言います。「店外デート」は業界内で言葉を略して「店外」とも呼ばれています。

同じような行為として、キャバクラやクラブなどの他ナイトワークには「同伴」や「アフター」があります。 お客さんと一緒に食事をしてから出勤する(お客さんをお店に連れていく)ことを「同伴」と言い、お店でお客さんと飲んだあとに一緒に出ていき、食事をすることを「アフター」と言います。 どちらもお店を介しての行為となり、確実に顧客につながることから、この場合は「お仕事の一環」として捉えることができるでしょう。

しかし店外デートは、お客さんと個人的に楽しむデートとして位置づけされるため、風俗店の売り上げに関係もなければメリットもありません。

店外デートは基本的に禁止されている

オプションサービスの内容に店外デートが設定されている場合以外は、お客さんと休みの日に店の外で会っても、店舗の利益にはなりません。 店外デートが増えると売り上げにも悪影響を与えてしまう恐れがあるため、ほとんどの風俗店で店外行為は禁止されています。

そればかりか、風俗嬢のリスクやお客様とのトラブル防止のためにも、店外デートが見つかったときは重いペナルティを課したり、最悪の場合はお店をクビになることもあります。また、お客さんに対しても「お店の出入り禁止」などの問題に発展する可能性も考えられなくはありません。

店外デートでお客さんからの支払いをまるまる儲けようと考え、指名客にメールなどの個人的な情報を教える行為は非常にリスクがあり、結果的に自身を苦しめることとなります。 店外はお店の営業を妨害する行為ともみなされるため、必ず避けておくべきと心得ておきましょう。

風俗嬢が店外デートを断るべき本当の理由

店外デートはお店にとってデメリットでもあり、もしバレてしまった際は必ず何らかのトラブルが起きてしまうため、お客さんからデートの誘いがあったとしても断った方が良いことは理解できたでしょう。

しかし、店外デートを断るべき本当の理由はそれ以外のところにもあります。風俗で働く女の子にとって、むしろそれ以外の理由の方が重要なポイントと言えるでしょう。 ここからは、風俗嬢が店外デートを断るべき本当の理由について一つずつご紹介します。

安売りにもつながり本指名が増えない

風俗で働く女の子にとって一番の目的はお金を稼ぐことです。 もっとお金が欲しい、効率的に稼ぎたいと考えて店外デートの誘いを受けたとしても、それほど収入にはつながらない場合がほとんどです。

なぜなら、お客さんが「プライベートでも会いたい」と店外に誘う理由は、風俗嬢と安上りに行為がしたいという本音があってこそであるためです。

最初に店外デートの誘いを受けてしまうことにより、「この子は店外OKの嬢なんだ」と思われてしまいます。その後お店に来てくれる回数は減ってしまうため、リピーター獲得にはつながりません。 その後何度も店外を要求するようになったり、次に断ろうとしても「お店にばらす」と脅されては窮地に追いやられる可能性もあります。

このように、店外は最終的に自分の安売りにもつながり本指名が増えない行動です。一時的な軽い気持ちで承諾することは止めて、きっぱりと断るようにしましょう。

お客さんが本気で恋をしてしまう可能性がある

店外でプライベート時間にデートすると、女の子側はそのつもりがなくても、お客さん側は恋人関係にあると錯覚してしまう可能性があります。 適当に会話を合わせていただけでもお客さんは相思相愛と思い込み、自分の彼女とみなして扱い始めるケースも、全くないとは言い切れません。

初めの時点でしっかり断らなければ、お客さんの想いがだんだんヒートアップして独占欲が増していき、結果的に他の客との関わりを阻止しようとしたり、お店を止めるようせまってくることも考えられます。

お客さんが本気で恋をしてしまうと、その灯を消すことはなかなか難しく、円満に解決するためには相当の労力を要します。 店外デートがきっかけだとしたら、お店のスタッフは極力女の子の安全を守ってはくれても、店外デートを一度許したがために、お店のスタッフに迷惑をかけてしまうということにもなりかねません。

余計なトラブルを未然に防ぐためにも、安易な気持ちで店外を承諾することは避けておきましょう。

お客さんから店外デートに誘われた際の上手な断り方・対処方法

いくら店外デートをしたくないと考えていても、いざお客さんから店外デートに誘われた際、断ってしまうことにより「もうお店で指名してくれないかも…」と不安になってしまう女の子も少なくありません。

これまで通り、お客さんとしてきちんとお店に訪れてもらうためにも、お客さんから店外デートに誘われた際の上手な断り方と対処方法を把握しておきましょう。

お店の規則で禁止されていることを伝える

最も無難な方法は、お店で規制されていることを伝えることです。 お客さんは規制されていることを分かっていてもダメ元で誘うケースが多いため、改めてきちんと伝えることで、すんなり諦めてくれるパターンは少なくありません。

【回答例】 ①「ごめんなさい。お店以外で会うことは禁止されているの。もしバレちゃったらクビになっちゃうから…。ごめんね。でも、その気持ちは本当に嬉しい。ありがとう。」 ②「私、まだまだ働かなくちゃいけないから。〇〇さんなら分かってくれるよね。ごめんね。」

誘ってくれたことは嬉しいと伝えることで、角を立てずに断ることができます。 お客さんをある程度持ちあげて、良い気分にさせながらもはっきりと伝えることがポイントです。

「待ち合わせコース」でのデートを提案する

デリヘルやホテヘルといった無店舗型の風俗店では、お客さんと外で待ち合わせてから一緒にホテルまで行くという「待ち合わせコース」を提供しているところがあります。

この待ち合わせコースのあるお店では、お客さんから店外デートに誘われた際、お店への動線を確保したうえで「待ち合わせコース」としてちょっとしたデートを提案することも一つの方法です。

【回答例】 ①「それなら今度、待ち合わせコースでデートしない?それなら大丈夫だよ。日にち決まったら店長には他に予約入れないように言っておくから。約束する!」

待ち合わせコースでデートを提案する方法は、お店に迷惑をかけずに自分も稼ぐことができ、その上お客さんの希望も叶うため、それぞれにメリットがある妙案です。 このお願いを断るお客さんは、女の子と安く遊びたいだけの可能性が高いです。 それでも店外を誘ってくる場合は、女の子側には何の得にもならない相手と心得ておきましょう。

掛け持ちで忙しいことをアピールする

これまでの方法で大抵のお客さんは納得してくれますが、中にはなかなか諦めてくれないしつこい性格のお客さんもいます。 そのようなときは、掛け持ちで忙しいことをアピールしましょう。

【回答例】 ①「私、ここ以外のお店でも働いているの。休日は本当に寝続けていて時間がなくて…ごめんなさい。」 ②「昼間は会社で働いていて、土日も他のバイトをしてるの。家族が病気で生活のためにも、私が働いてなんとかしなくちゃいけないんだ。ごめんね。分かってくれると嬉しいな。」

どこまでが本当のことなのか、お客さんは調べようがありません。時にはウソの設定を作ってでも忙しいと言っておきましょう。 良いお客さんなら「大変なんだね」と同情してくれて、お店にもっとたくさん来てくれる可能性もあります。

しつこいお客さんはスタッフに相談して「NG客」にしよう

いくら断ってもしつこく誘って来るお客さんは、風俗店のスタッフに相談してNG客にしましょう。

せっかく指名してくれるお客さんを獲得したにもかかわらず、NG客にしてしまうことはもったいないと思う方も多いかもしれませんが、いつまでも店外を誘ってくるような客と関わっていると、その先トラブルに巻き込まれる恐れもあります。 NG客として指定することは、本人だけでなくお店に在籍している他の嬢達を守るという意味でも最も良い対策方法と言えるでしょう。

そして、ほぼすべての風俗店は在籍している嬢を第一に考えているため、相談すると必ず何らかの対処を行ってくれます。困っていることをスタッフに話し味方になってもらうことは、自分の身を守ることにもつながります。

「迷惑をかけてしまうかもしれない」と遠慮などはせず、すぐに相談してスタッフとの信頼関係を強めることで、より働きやすい環境を作ることができるでしょう。

まとめ

どの女の子でも、店外デートに必ず誘われるわけではありません。しかし、お客さんからの店外デートの誘いを急に受けても、嫌な思いをさせない上手な断り方を知っておくことで、安心して働くことができるでしょう。

また、本当に稼げる風俗嬢はお客さんと店外デートなどはしません。店外は女の子だけでなく、お店にとってもリスクが高く、誰に対してもメリットはないと心得ておくことが大切です。

お店のスタッフは風俗嬢の味方です。もしも店外デートの誘いがしつこいお客さんがいればすぐに相談するなどして、今後も安心して働ける環境を自ら作りましょう。

1万円が当たる!
関連記事
スカウト登録して1万円貰えるキャンペーン