風俗店への出戻りはすべき?|それぞれのメリット・デメリットを解説 - 風俗コラム

全国版

掲載店舗4,161

女性会員93,295

スカウト登録1万円キャンペーン

いちご白書は、風俗求人サイト「いちごなび」が配信しています。
掲載店舗数4161件を誇るいちごなびは全国各地の風俗求人情報が満載!きっとあなたに合ったお仕事が見つかります♪

風俗店への出戻りはすべき?|それぞれのメリット・デメリットを解説

風俗バイトの出戻りの方法やメリットデメリットから、出戻りか新しいお店どちらが向いているかの判断基準をご紹介。

girl_smile

「前に風俗店で働いていて、一度辞めたもののお金が必要になってきたため、もう一度働きたい!」と、出戻りを考える元風俗嬢は意外と少なくありません。

基本的に、一度働いていた風俗店への出戻りは歓迎されるケースが多いです。しかし、出戻りでまた働く場合はメリット・デメリットもあるため、思い切って新しいお店で働き始める方が良いということもあるでしょう。

そこで今回は、風俗バイトの出戻りの方法やメリットデメリットから、出戻りか新しいお店どちらが向いているかの判断基準をご紹介します。一度働いていた風俗店の出戻りを考えている方は、必見です。

風俗バイトは基本的に理由に関わらず「出戻り」が可能

風俗で働いていた女の子がお店を辞めて昼職(一般職)を始めたあと、また風俗嬢に戻るケースは意外に少なくありません。稼げる給料がガラッと変わってしまうため、金銭感覚や日常生活にギャップを感じてしまうケースが多いようです。

そして、一度働いていたお店にもう一度働くことに躊躇する女の子もきっと多いはずです。しかし風俗バイトは基本的に、辞めた理由にかかわらず出戻りは可能です。むしろ、求人情報で「出戻り大歓迎」と記載しているお店が多いぐらいです。

では、実際に以前働いていたお店でもう一度働く際はどうすれば良いのでしょうか。まずは、以前働いていたお店に出戻りする方法をご紹介します。

風俗バイトの出戻り方法・手順

以前働いていた風俗店に出戻りしたい場合は、勇気を出してお店に連絡をして、素直にもう一度働きたい旨を伝えましょう。

連絡の際は、「以前働いていた〇〇(名前)です。もう一度働きたいのですが、出戻りすることはできますか?」などと丁寧に聞くと良いでしょう。電話はもちろん、メールやLINEでもきちんと対応してくれるはずです。

また以前のお店を連絡なしに辞めた、お店の女の子と喧嘩して辞めたなど、辞め方が良くなかった場合は、「以前はすみませんでした」ときちんと謝ることが大切です。

風俗バイトで出戻りするメリット・デメリット

過去に働いていた風俗店でまた働く場合には、メリットもデメリットもあります。 一度はお店を辞めているため、不安な気持ちを持っている方も多いはず。まずはメリットとデメリットをしっかり把握したうえで、出戻りするかどうかを決めましょう。

ここからは、風俗バイトで出戻りする主なメリットを2つ、そしてデメリットを1つご紹介します。

メリット①一度慣れた環境ですんなり働ける

出戻りをする最大のメリットは、慣れている環境ですんなり仕事をスタートできるということです。

新しいお店で働く場合は、そのお店の仕事内容はもちろん、基本プレイやルール、さらにスタッフや同僚女性の雰囲気など、全てが新しい環境で慣れるまでが大変です。 しかし、一度働いていた環境であればすんなりとまた仕事をスタートできます。 さらに、以前仲の良かったキャストがまだ働いていれば、人間関係をゼロから構築しなくて済むため、人見知りな女性でも安心して働けるでしょう。

もちろん、少なからず同僚の風俗嬢やスタッフなどは変わっていることもあるかもしれません。しかしお店の方針や客層などは、それほど変わってないはずです。全く新しいお店で働くよりは、精神的な負担なく環境に馴染めるでしょう。

メリット②昔のお客さんが戻ってきてくれる可能性がある

風俗の世界では「指名を取ること」がお金を稼ぐために必要な条件です。出戻りの場合、スタッフや同僚の女の子だけでなく、昔のお客さんとまた会える可能性は高いでしょう。

いつも指名してくれていたお客さんがまだお店に通っていれば、またそのお客さんが常連になってくれるかもしれません。「戻ってきてくれたんだ」と喜んでくれるお客さんの存在がいれば、さらにやりがいを感じることもできるでしょう。

新しいお店で働き始める場合、スタートした時点で指名客はゼロですが、出戻りなら復帰してすぐ安定したお給料を目指すことも可能です。

デメリット①以前のように稼げない場合もある

デメリットとして、「同じお店であっても以前と同等の収入が得られない場合もある」ことを説明しておきましょう。例えば、次のようなケースが考えられます。

  • お店のコンセプトや客層、ルール、待遇が変わってしまった
  • 出戻り前と見た目が大きく変わった(太った、老けたなど)
  • 常連客が別の新しいお気に入りを見つけて指名している

お店の雰囲気や客層が以前のままだという保証はありません。 キャストやスタッフが一新されていたり、新しいルールが追加されていたり、給与条件が変わっていたり、以前よりも働きにくい環境になっている可能性があります。

また、出戻りまでにブランクがある場合は、自分の見た目が大きく変わったことにより、過去のように稼げない場合もあります。

出戻り?新しいお店を探す?判断基準となる2つの要素

ここまでご説明したように、風俗の出戻りにはメリットもデメリットもあります。

過去にそのお店で働いていたために、慣れた環境で働けること、昔のお客さんがまた常連になってくれる可能性がある点は非常に大きなメリットだと言えます。 しかし、必ずしも以前と同じだけ稼げるかの保証はありません。

むしろ、ブランクの期間よっては、新しいお店を探して再スタートを切る方がおすすめの場合もあります。 ここからは、出戻りまたは新しいお店のどちらを選ぶべきか、ブランクの期間に分けて判断基準をご紹介します。

ブランクが数ヵ月~半年までの場合

お店を辞めていたブランクの期間が数カ月~半年までの場合は、指名客がどのくらいいたのかにより、出戻りと新店どちらがおすすめかが変わります。

ブランク期間 状況 出戻りor新店
数カ月~半年まで 指名客が多く、稼げていた場合 出戻りがおすすめ
指名客が少なかった場合 新店がおすすめ

過去に働いていたお店でたくさん指名が取れており、かつしっかり稼げていた場合は出戻りがおすすめです。 「辞めたばかりなのに、なんだか恥ずかしい」と思う方もいるかもしれませんが、ブランク期間が短ければそれほど環境も変わっていないということとなるため、また指名客が戻ってきてくれる可能性も高くなります。

逆に、指名も少なくあまりお金をもらっていなかった場合は、自分にもっと合う新しいお店を探した方が稼げる可能性は高くなるでしょう。

ブランクが半年以上ある場合

出戻りたいお店で働いていたのが半年以上前の場合は、お店側の状況が変わっていることや、自分の見た目が大きく変わっていることがあり得るため、基本的には「新しいお店を探す」ことをおすすめします。

<ブランクが長いときに気を付けるべきこと>

  • お店のコンセプトや客層が変わっていないか
  • 自分の見た目が大きく変わっていないか

お店のコンセプトや方針だけでなく、容貌やメイクが以前と著しく様変わりしている場合は、出戻ることが逆効果となる場合もあります。むしろまた異なるコンセプトのお店を探す方が効果的なケースも少なくないでしょう。

しかし、半年以上のブランクがあった場合でも、以前は人気嬢と言えるほど多くの指名があり、かつ半年前と見た目もそれほど変わっていない場合は、出戻りをすることによりさらに注目され、前の指名客はもちろん、新規客の獲得にもつながるでしょう。

このように、ブランク期間が半年以上と少し空いている場合は、以前働いていた際の指名客の数だけでなく、お店のコンセプトや自身の見た目もしっかり確認した上で判断することをおすすめします。

新しいお店を探すことも悪くない!次のお店を探す際のポイント

冒頭でお伝えしたように、働いていた風俗店を辞めて昼職を始めたものの、少ない給料のやりくりが難しく、もう一度風俗店で働きたいと考える女性も少なくありません。

風俗はお店により、コンセプトや基本・オプションプレイの内容もさまざまであるため、負担なく稼ぐためにも、一度働いていたお店に戻りたいと思う女の子は少なくありません。

しかし、もう一度風俗店で働くからこそ新しい環境でスタートするという選択もおすすめです。 ほとんどの風俗店では、風俗アルバイトの経験がある女の子を優遇しています。お店によっては初めからお給料を上げてくれるところもあるため、一度働いていたお店の出戻りだけでなく、経験者を優遇してくれるお店も探してみてはいかがでしょうか。

まとめ

出戻りはメリットだけでなく、デメリットも存在します。さらに、お店を辞めていた期間や以前の勤務スタイルにより、出戻りか新しいお店で働き始めるか、どちらが向いているのかも異なります。

お店のスタッフや客層などを知っているお店へ出戻りすることはもちろんラクですが、「風俗で働いていた時代のようにお金を稼ぎたい」という気持ちで出戻りをするのであれば、なおさらきちんと考えて判断することをおすすめします。

ここまでご紹介した出戻りのメリット・デメリットやどの方法が向いているのかを参考に、無理なく稼げる方法を選んでください。

1万円が当たる!
関連記事
スカウト登録して1万円貰えるキャンペーン