【女性向け】ヘルスとソープの違いとは?メリット・デメリットも紹介 - 風俗コラム

全国版

掲載店舗4,839

女性会員95,291

いちごなびからの応募でもらえる、入店応援金15,000円

いちご白書は、風俗求人サイト「いちごなび」が配信しています。
掲載店舗数4839件を誇るいちごなびは全国各地の風俗求人情報が満載!きっとあなたに合ったお仕事が見つかります♪

【女性向け】ヘルスとソープの違いとは?メリット・デメリットも紹介

ヘルスとソープのどちらで働こうか悩んでいる女性のために、ヘルスとソープの違い・ヘルスとソープそれぞれで働く時のメリット・デメリットについて解説します。

girl_smile

風俗バイトは様々な種類がありますが、その中でも高収入が期待できると人気が高い業種が「ヘルス」と「ソープ」です。

風俗になじみがない人は「ヘルスとソープの違いが分からない」と疑問を持つことも少なくありません。

ヘルスとソープはプレイ内容などが大きく異なる業種です。
当記事では、ヘルスとソープのどちらで働こうか悩んでいる女性のために、ヘルスとソープの違い・ヘルスとソープそれぞれで働く時のメリット・デメリットについて解説します。

ヘルスとソープの違いとは?項目で分かりやすく説明!

ヘルスとソープはプレイ内容や料金相場・店舗形態などに違いがあります。

ヘルス・ソープ共に店舗にはレベルがあり「大衆店(格安店)」「中級店」「高級店」が存在します。レベルごとにお客さんの利用金額や求められる接客の質も異なりますが、プレイ内容にはそれほど差がありません。

まずはヘルス・ソープそれぞれの特徴を見ていきましょう。

〇ヘルス
ヘルスとは風俗嬢がお客さんに「ヘルスサービス」を行う風俗店です。

ヘルスにはサービスを提供する場所別に3種類あり「箱ヘル(ファッションヘルス)」と「デリヘル(デリバリーヘルス)」「ホテヘル(ホテルヘルス)」に分けられます。それぞれの特徴を表にまとめました。

名前 特徴
箱ヘル お客さんが店舗を訪れ、店舗内の個室でサービスを行う
デリヘル 風俗嬢が向かいホテルやお客さんの自宅を訪れ、サービスを行う
ホテヘル お客さんが事務所で受付をし、風俗嬢と一緒にホテルに入りサービスを行う

いずれも個室でヘルスサービスを行うという仕事内容は変わりません。

〇ソープ
ソープとは風俗嬢とお客さんが「風呂に入る」ことがメインの風俗店です。バスタブのある個室でお客様にサービスを行うため「特殊浴場」とも呼ばれます。

他の風俗店と比較して、特有のサービスがあるなどプレイ内容が濃く、その分得られる収入も高いことから「風俗の王様」とも呼ばれています。

ソープはヘルスと違い営業を行って良い地域が限られており、都道府県によってはソープの店舗が存在しないところもあります。またソープはヘルスと違い店舗型の営業形態のみ存在するという特徴もあります。

コース時間

ヘルス・ソープ共に「コース」が存在し、コースによってプレイ時間・料金が異なります。コース設定は店舗のレベルや地域によって相場が変わります。
一般的なコース設定をヘルス・ソープに分けて見ていきましょう。

〇ヘルス
ヘルスのコース時間は「箱ヘル」「デリヘル」「ホテヘル」によって変わります。それぞれのコース時間の平均を下記で説明します。

業種 平均コース設定 60分あたりの平均プレイ金額 その他かかる費用
箱ヘル お客さんが店舗を訪れ、店舗内の個室でサービスを行う 約16,000~20,000円 約16,000~20,000円
デリヘル 風俗嬢が向かいホテルやお客さんの自宅を訪れ、サービスを行う 交通費・ホテル代(自宅の場合不要)
ホテヘル ホテル代

60分当たりの金額に相違はありませんが、箱ヘルはデリヘル・ホテヘルと比較して設定コース時間が短めなので、お客さん1人あたりの利用料金も低めです。
1人のお客さんをじっくり接客したいか、多くのお客さんと接したいかで店を選ぶと良いでしょう。

〇ソープ
ソープはヘルスと違い、料金が「入浴料」と「サービス料」に分かれます。入浴料とサービス料の総額を記載しているお店のHPもあれば、入浴料のみが記載されたお店のHPもあります。サービス料は一般的に入浴料の2倍~3倍程度といわれています。

ソープのプレイ金額の相場は、以下の通りです。 

高級店だと総額6万円~10万円程度の料金のところもあります。
入浴料は店舗の売り上げとなり、入浴料の中から女の子のお給料が払われます。

基本プレイ&オプション

ヘルスとソープの基本プレイ・よくあるオプションについて説明します。

「基本プレイ」はお客さんが払うコース内に含まれているプレイ・「オプション」はお客さんが望んだ場合のみ行うプレイです。オプションは有料のものがほとんどです。

基本プレイに関しては全て行うことができないといけませんが、オプションに関しては嫌なものは拒むことができます。有料オプションの金額は何割かが風俗嬢にバックされる仕組みになっています。

〇ヘルス
ヘルスは「ヘルスサービス」を行う業種で、ヘルスの基本プレイであるヘルスサービスとヘルスでよくあるオプションには下記のような性的サービスが含まれます。

基本プレイ(ヘルスサービス) ・キス
・フェラ
・素股
・手コキ
・シックスナイン
・オナニー鑑賞
・おもちゃの使用
・パンスト着用や着用したパンスト破り
オプション ・コスプレ
・即尺
・アナルファック
・顔射

「ヘルスサービス」とは性行為で「前戯」と呼ばれる行為に「疑似性交」である素股を加えたものを指します。恋人との性行為で経験しているプレイがほとんどのため、風俗初心者でも仕事をしやすい特徴があります。

〇ソープ
ソープはお客さんと風呂に入りプレイを行う業種です。ソープの基本プレイとソープでよくあるオプションは下記です。

基本プレイ ・入浴
・マットプレイ
・潜望鏡
・スケベ椅子でのプレイ
・キス
・フェラ
オプション ・コスプレ
・即尺
・アナルファック
・顔射

ソープの基本プレイはヘルスと大きく違い、「マットの上に横たわる男性にローションを垂らし全身で奉仕するマットプレイ」などソープ特有のプレイが目立ちます。

ソープ特有のプレイは風俗初心者にはハードルが高く思えますが、研修のあるお店がほとんどなので初心者でも安心して働くことができます。大衆店ではマットプレイなどソープ特有のプレイがない店も増えてきているため、まずは大衆店から働いてみるのも良いでしょう。

オプションの内容は、ヘルスよりソープの方がバリエーションが少ないことが多い傾向にあります。

お給料

ヘルス・ソープ共にと給料は歩合制で、下記のような内訳になります。

本数(お客さん1人=1本)+オプション+指名料-雑費(備品代など)=日給

本数ごとの金額は、ヘルス・ソープ共にコース料金の5~7割程度の店が一般的です。高級店ほどもらえる割合が高くなる傾向にあります。

業種 日給相場
箱ヘル 30,000~40,000円
デリヘル 30,000~50,000円
ホテヘル 50,000~100,000円
ソープ 30,000~50,000円

日給相場はあくまでも目安で、指名数や店のレベルによって増減します。
同じヘルスでも箱ヘルはデリヘル・ホテヘルより短いコース時間を選ぶお客さんが多いため、日給相場が少し低めです。代わりに、客単価が低い分常連がつきやすいという面もあります。

ソープはヘルスより客単価が高い分、給料もヘルスより高めの相場になっています。

客層

ヘルス・ソープの客層ですが、両方に大きな違いはありません。
店のレベル・地域・店の方針が客層に大きくかかわります。

風俗店にやってくるお客さんの年齢層は18歳以上から70代くらいまでと幅広く、お客さんのタイプも女性慣れしている人からそうでない人まで様々です。

高級店になればなるほど高収入で年齢が高い人の来店割合が高くなります。
もちろん高級店でも20代などの若いお客さんが来ることもありますし、お客さん全員が高収入とも限りません。反対に大衆店だと若いお客さんの割合が高級店より高いですが、年齢が高い人も多く来店します。

若年層が集まりやすい地域は大衆店が多く、年齢が高い高収入の人が集まりやすい地域は高級店が多いです。

ただし、年齢層はあくまでも傾向でしかなくため「大衆店だから若い人しか接客しなくて良い」などは誤った認識です。年齢が高いから落ち着いているなどの法則もありません。ある程度どんな年齢・性格のお客さんも対応する可能性があることを覚えておきましょう。

店によっては粗暴なお客さんは入店を断るなどの措置をとっているところもあるため、客層に不安がある場合は面接時に相談してみましょう。

【働くならどっち?】ヘルスで働くメリット・デメリット

ヘルスとソープのどちらが働きやすいかは、人によって異なります。

ヘルスとソープそれぞれのメリット・デメリットを把握しておけば、自分がどちらに向いているかを判断できるでしょう。

ここからは、ヘルスで働くメリット・デメリットを紹介します。 

メリット①店舗数が多いため自分に合ったお店を見つけやすい

ヘルスの強みは、箱ヘルの「店舗型」からデリヘル・ホテヘルの「無店舗型」までそろっていることです。特にデリヘルは店舗型と違って出店のエリアが限られていないため、風俗店を構えられないような地域でも出張にいけるという強みがあり、現在開業数が増えています。

店舗数が多い分、人妻系・ギャル系などコンセプトが多種多様です。勤務地・コンセプト共に豊富な選択肢から勤務店を選べるところはヘルスならではの魅力といえます。

メリット②【デリヘルの場合】24時間営業なため夜中でも働ける

デリヘルに限りますが、24時間営業のため夜中でも働けるという強みがあります。

箱ヘルやソープをはじめとした店舗型の風俗店やホテヘルなどの受付が存在する風俗店は営業時間が6時から24時までと決められています。
一方、デリヘルのような無店舗型の風俗店は営業時間の規制がないため24時間営業が可能です。

会社員や学生といった、日中は仕事や学業があり時間的に風俗で働くことが難しい人でも、デリヘルならば働くことができます。

デメリット①稼ぎやすいお店と稼ぎにくいお店を見極める必要がある

ヘルスのデメリットとして、「店舗数が多い分、競争率が激しい」ことがあげられます。

来店数の少ない店に入店してしまうと、せっかく勤務しても稼げる金額が少ないという事態に陥ります。
加えて店のコンセプトが細分化されている分、自分に合った店を選ばないと指名が入らず稼げません。例えギャル系専門店でロリ系の女の子が入店しても、その店のお客さんからの需要は低いでしょう。

面接や体験入店で、来店数の多いお店かどうか・店のコンセプトが自分に合っているかどうかを見極める必要があります。

【働くならどっち?】ソープで働くメリット・デメリット

ヘルスとは仕事内容や平均給料が大きく異なるソープですが、良い面・悪い面がそれぞれ存在します。仕事内容や給料だけでなく、特徴を知った上でヘルスとソープどちらが向いているか判断しましょう。

ここからは、ソープで働くメリット・デメリットを紹介します。 

メリット①とにかく高い収入を稼ぐことができる

ソープで働く最大のメリットは「他の風俗に比べ高い収入を稼ぐことができる」点です。

ソープは他の風俗に比べて「1回のコース時間も長い」「利用料金が高い」ため客単価が風俗業界の中で最も高いためです。努力次第で月に数百万円というレベルで稼げる風俗はソープを置いて他にはありません。

デメリット①体力を要する

ソープが稼げる理由として、「プレイ内容が他の風俗店よりハードで体力を要する」ということが挙げられます。

例えばマットプレイといったソープランド特有のプレイは、全身を使用し、1回のコース時間も長いため、他の風俗店より1回のプレイで体力を使います。

高収入が得られるとはいえ、疲れ果てていては良い接客もできません。体力に自信がない人にとってはハードルの高い仕事だといえるでしょう。

まとめ

ヘルスとソープはどちらも高収入が期待できる風俗バイトです。始めて風俗で働く女の子にとっては、違いも分からず、本当に頑張って稼げるのか不安もあるでしょう。

ヘルスとソープはそれぞれ仕事内容や特徴が大きく異なります。自分に合った業種を見つけることができれば、初心者でも、努力次第でしっかり高収入を手に入れることが可能です。当記事を参考に、自分に合った業種で働いてみましょう。 

1万円が当たる!
関連記事
スカウト登録して1万円貰えるキャンペーン