【風俗嬢向け】指名を増やす会話テーマ8選|会話中のNG項目も紹介 - 風俗コラム

全国版

掲載店舗4,684

女性会員94,601

スカウト登録1万円キャンペーン

いちご白書は、風俗求人サイト「いちごなび」が配信しています。
掲載店舗数4684件を誇るいちごなびは全国各地の風俗求人情報が満載!きっとあなたに合ったお仕事が見つかります♪

【風俗嬢向け】指名を増やす会話テーマ8選|会話中のNG項目も紹介

ソープやデリヘルで働く風俗嬢は、お客さんを会話で楽しませることも仕事の1つです。会話が盛り上がれば、自然とプレイも盛り上がります。しかし、風俗嬢の中には会話が苦手で、プレイ前後の接客時間が気まずいと感

girl_smile

ソープやデリヘルで働く風俗嬢は、お客さんを会話で楽しませることも仕事の1つです。会話が盛り上がれば、自然とプレイも盛り上がります。しかし、風俗嬢の中には会話が苦手で、プレイ前後の接客時間が気まずいと感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、お客さんと盛り上がれるおすすめの話題について紹介します。会話中のNG項目についても解説しているため、風俗店で働いている女性は必見です。

1. お客さんとの会話は風俗嬢から始めることが大切!

お客さんと対面したときは、風俗嬢側から会話を始めることを心掛けましょう。最初は緊張しているお客さんも多いため、風俗嬢側から話し掛けることで打ち解けやすい雰囲気づくりに繋がります。会話を始める際は、お互いの距離が縮まりやすいよう笑顔も大切です。

また、お客さんがトータルで感じる満足度は、性的な内容からだけでなく、精神的な面も大きく影響しています。プレイ内容が良かったとしても、プレイ前後が楽しくない場合や、無言で気まずい時間が多い場合は、トータルの満足度は減点です。会話を通じてお客さんとの仲を深めることが、結果として指名率や収入のアップに繋がります。

2. 風俗嬢がお客さんを楽しませる会話テーマ7選

風俗嬢とお客さんの会話は、内容よりも、親密なコミュニケーションを取って仲を深めることが重要です。会話を盛り上げることは、お客さんに楽しんでもらうための1つのテクニックとも言えます。

しかし、実際には「お客さんと何を話したら良いのかわからない」という人も多いです。ここでは、風俗嬢がお客さんを楽しませるための会話テーマについて紹介します。お客さんとの話題に困った際に参考にしてください。

2-1. スムーズに会話をスタートさせる定番テーマ4選

まずはお客さんと対面し、スムーズに会話をスタートさせるためのテーマです。以下のような話題をふって、まずはその場の空気を和ませましょう。

〇出身地や方言
出身地や方言は、自分とお客さんが一緒でも、一緒でなくても盛り上がれるテーマです。出身地がお客さんと一緒であれば、「あるあるネタ」で盛り上がることができます。出身地がお客さんと一緒でない場合でも、お互いの出身地や方言を紹介し合うことで盛り上げることができます。どんなお客さんにも対応している、まさに鉄板ネタです。

〇趣味や特技
趣味や特技は、お客さんの口からたくさんの言葉を引き出すことができるテーマです。自分の好きなものについて熱く語っている時は、誰だって気分が良くなります。自分がよくわからない分野でも「もっと詳しく教えてください!」と切り込んでいけば、自分の関心度合いをアピールできます。

〇話題のテレビや映画
多くの人が関心を持つ流行り物は、お互いのことを知らなくても盛り上がりやすいテーマです。特にテレビや映画であれば大抵の人が見ているため、ネタとしても共有しやすくなります。「好きなテレビor映画ってありますか?」といった具合に、お客さんの興味を引き出しましょう。

〇学生時代の部活
学生時代の部活話は、お互いが若い頃どのような感じだったのかという自己紹介にもなります。少し筋肉質な人が昔運動部だったのであれば、体型をさり気なく褒めることもおすすめです。部活の話から、少しずつ会話を広げていくことがポイントです。

2-2. お客さんとの距離を縮めるテーマ3選

お客さんと何度か会話のキャッチボールをこなしたら、次はもう少し切り込んだ話題をふって、お互いの距離を縮めましょう。お客さんとの距離を縮めたい時は、以下のようなテーマがおすすめです。

〇お客さんの職場や家庭の愚痴
職場や家庭の愚痴は、他人に話すことでスッキリします。ネガティブな話題のようにも捉えられますが、お客さん側からするとストレス発散になっていることも多いです。。お客さんの愚痴に対しては反論せず、あくまで聞き役に徹し、「大変ですね」と共感の気持ちを示すようにしましょう。自分を受け入れてもらえたという感情が、相手に対しての親近感アップに繋がります。

〇子供・学生時代の頃の武勇伝
昔の武勇伝を人に自慢したがる男性は多くいます。武勇伝を話してもらう際は、「子供の頃はどんな感じだったんですか?」という切り口から、お客さんが輝いていた時の話を自然に引き出していくことがポイントです。自分が輝いていた時の話は自然と熱くなるものであるため、驚きや共感を示すことで会話も盛り上がります。

〇SやMなどの性癖の話
性癖の話は、その後のプレイを盛り上げるための材料にもなります。「じゃあ後で試してみよっか!」と繋げれば、お客さんの興奮感を高めることができます。またお客さんがSかMかを聞き出したうえで、性癖を後のプレイ内容に繋げることも、人気風俗嬢になるテクニックの1つです。

3. 風俗嬢がお客さんと会話する時の4大NG項目

お客さんと会話をする際は、ただ話題をふれば良いというわけではなく、いくつかの注意点もあります。具体的には、以下の4つのポイントに注意する必要があります。

  • 目を見て会話をする
  • 単調な質問の仕方をしない
  • お客さんが楽しめないテーマは避ける
  • 会話に熱中しすぎてサービスに手を抜かないようにする

1つでも当てはまると、お客さんをがっかりさせてしまう可能性もあります。会話をする時のNG項目について、それぞれみていきましょう。

3-1. 目を見て会話をしないのはNG

目を見て会話をしないことは、社会人としてもマナー違反です。目を見ていないと、「自分に興味がないんだな」と思われてしまいます。目を見て会話をすることで、会話も自然と盛り上がります。

人の目を見ながら会話をするのがどうしても苦手な人は、相手の鼻やまつ毛など、目に近い部分に目線を向けてみましょう。直接目を見ていなくても、目を見ているかのような印象を与えることができます。

3-2. 単調な質問の仕方はNG

単調な質問の仕方は、職務質問をされているかのような印象を与えます。

「出身地は?」
「年齢は?」
「お仕事は?」
「趣味は?」

上記のような、矢継ぎ早に繰り返す質問の仕方はNGです。
相手が質問に答えたときは、褒めたり共感を示したりするようにしましょう。「そうなんですね!」や「すごい!」といった相槌が入るだけでも、会話にリズムが生まれます。

また「もっと聞かせてください!」と情報をさらに深掘りしていくことも効果的です。質問をするのが目的ではなく、会話をするのが目的ということを意識しましょう。

3-3. お客さんが楽しめないテーマはNG

自分が楽しいと思うテーマとお客さんが楽しいと思うテーマは、異なる場合があります。特にコスメやファッション関係の話など、男性が興味を持ちづらいテーマは避けた方が無難です。

また旅行の話など、熱中すると長話になりやすいテーマは、NGではなくとも注意が必要です。こちらが熱く語りすぎるとお客さんが飽きる可能性もあるため、相手の反応を見つつ話すようにしましょう。

3-4. 会話に熱中しすぎてサービスに手を抜くのはNG

いくら会話が盛り上がっても、長すぎる会話は厳禁です。風俗を利用するお客さんは、プレイを楽しむことを目的にしています。会話が長引き、プレイ時間が短くなると、「手を抜いている」と思われる可能性があります。
会話に使うおおよその時間を決めておき、プレイをメインで楽しんでもらえるように配慮しましょう。

まとめ

風俗嬢にとって、お客さんとの会話は満足度を上げるための重要な要素の1つです。会話を盛り上げることでリピート率も上がり、結果として高収入にも繋がります。

口下手で会話に自信がないという人は、本記事で紹介したようなテーマをあらかじめ準備しておきましょう。準備さえしておけば、自然とお客さんとの会話は続きます。会話のテクニックを習得して、ワンランク上の風俗嬢を目指しましょう。

1万円が当たる!
関連記事
スカウト登録して1万円貰えるキャンペーン