パネル写真の工夫1つで指名が?知っておきたい撮影のコツ - 風俗コラム

全国版

掲載店舗4,846

女性会員95,308

スカウト登録1万円キャンペーン

いちご白書は、風俗求人サイト「いちごなび」が配信しています。
掲載店舗数4846件を誇るいちごなびは全国各地の風俗求人情報が満載!きっとあなたに合ったお仕事が見つかります♪

パネル写真の工夫1つで指名が?知っておきたい撮影のコツ

風俗で働く女の子にとって「パネル写真」は、お客さんから指名してもらうために重要なツールです。さらに、パネル写真を工夫するかしないかでも、指名数は大幅に変わります。

girl_smile

風俗で働く女の子にとって「パネル写真」は、お客さんから指名してもらうために重要なツールです。さらに、パネル写真を工夫するかしないかでも、指名数は大幅に変わります。

お客さんが風俗店に訪れ、「どの女の子と遊ぼう」と悩んだ際、風俗嬢の顔や身体が映ったパネル写真は一つの判断材料になります。いくら実物やサービスが良くても、パネル写真が良くなければ指名が入らず、結果的に魅力が伝わりません。

そのため、新規指名を獲得するためにはパネル写真に全力を注ぐべきと言えるでしょう。そこで今回は、風俗嬢必見の「パネル写真撮影のコツ」について徹底的に解説します。

1. パネル写真とは?

お客さんは風俗を利用する際に、女の子のプロフィールを確認して指名をします。
風俗に訪れたお客さんが風俗嬢を指名する際は、女の子の容姿を特に重視しますが、女の子の容姿をチェックするにはパネル写真を見るしか手段はありません。
そのため、パネル写真は多くのお客さんからの指名を貰うために最も重要だと言えます。

しかし、そもそもパネル写真とは何の写真のことを指し、どのような種類があるのでしょうか。まずは、パネル写真の基本的な知識から、パネル写真の種類・重要性について詳しく解説します。

1-1. そもそもパネル写真とは

そもそもパネル写真とは、お客さんが風俗嬢を選ぶ際に必ずチェックする「プロフィール写真」を指します。お店のホームページに掲載されたり、受付所で紹介されたり、さまざまな場所で使用されます。

風俗では、お客さんがパネル写真を見て風俗嬢を指名することが一般的です。
パネル写真はある程度加工されるため、顔出しをしたくない女の子でも、加工技術で簡単に身バレ防止をすることが可能です。

どの程度加工するかはお店の方針によりますが、「身バレをしたくないけど顔を出してより多くの指名を貰いたい」と伝えれば、身バレをしない程度に加工してくれることがほとんどです。

1-2. パネル写真の種類を解説

前述したように、パネル写真にはお店のホームページに掲載する画像と、お店の受付所で使用される画像の2種類があります。2種類のパネル写真はどちらも「女の子が映った写真」に違いはありません。しかし、不特定多数の方が閲覧するホームページ用のパネル写真は、身バレリスクを防ぐために、モザイク等を多めに加工していることが特徴です。

一方で、お店の受付所で使用されるパネル写真はモザイクが少なめで、より顔がわかりやすくなっています。
お店の受付所は実際にお店に来たお客さんしか見ることができないため、ある程度顔出しをしても身バレリスクは高くありません。

このように、風俗店では女の子のプライバシーを守るための工夫をしています。また、無店舗型のデリバリーヘルスは受付所がないため、ホームページのパネル写真のみとなっています。

1-3. パネル写真の重要性

お客さんはお店に訪れた最初の段階で、パネル写真でしか女の子の容姿を判断することができません。
年齢やスリーサイズなど、容姿をある程度イメージできるプロフィール情報はあるものの、お客さんが性的なサービスを受けるにあたり重要視するポイントは、やはり「女の子のルックス」です。

プロフィール情報に記載されている年齢も、ある程度サバ読みしていることはお客さんも暗黙の了解であることに加え、パネル写真が美人であれば年齢が多少高くても指名が入ります。

いくら実物が美人でサービスの質が高くても、パネル写真に魅力を感じてもらわなければ、お客さんに指名してもらうことはできません。つまり、最初に指名を取れるかどうかはほぼパネル写真で決まると言っても過言ではないでしょう。

2. 顔出しはすべきかどうか

顔出しには、大きく分けて以下の3パターンに分類されます。

  • 全顔出し
  • 一部だけモザイク・手で隠す
  • 身体だけ映す

パネル写真でどこまで顔出しするかは、女の子本人が自由に決めることができます。
また、モザイクをかける部分や度合いまでも自由に決めることができ、「目だけ隠したい」「口元だけ隠したい」という細かな要望も問題なく対応してくれます。

しかし、顔の一部分のみ隠したいという場合は、モザイクではなく手などで隠すケースもあります。モザイクで隠すか手で隠すかは風俗店によっても異なるため、実際にホームページを見てお店の方針を把握しておくと良いでしょう。

2-1. 顔出しするメリット

顔出しには、以下3つのメリットが存在します。

  • お客さんに指名されやすくなる
  • マスコミ・メディア手当などのボーナスが貰える
  • 優遇されやすくなる

お客さんに指名されやすくなるという点は、指名数が重要な風俗嬢にとって大きなメリットとなるでしょう。それだけでなく、マスコミ手当やメディア手当など、通常のお給料とは別にボーナスが貰えるという部分も非常に魅力的です。

加えて、顔出しができる女の子であれば、働き方において優遇される傾向にあります。
フリー指名のお客さんに優先的に回してもらえたり、バック額が高く設定される可能性もあるため、効率的に稼ぎたいと考えている方は、できる範囲で顔出しをすることをおすすめします。

2-2. 顔出しするデメリット

顔出しは「稼ぎ」に関するメリットが豊富な一方で、以下2つのデメリットもあります。

  • 身バレリスクが高くなる
  • 「パネマジ」だと指摘されるケースがある

まず、顔出しは身バレリスクが上がることを避けられません。特に、ホームページに掲載するパネル写真で顔出しした場合は、知り合いに見られる可能性があります。

また、パネル写真を見て指名したお客さんから、「実物が違う」と指摘を受けることも珍しい話ではありません。
パネル写真は、容姿を綺麗に魅せる加工を施すことはもちろん、身バレを防ぐための加工も施します。そのため、実物と顔が異なって当然です。しかし、パネル写真と実物が違うと「パネマジ」を疑うお客さんも少なくないことを覚えておくと良いでしょう。

3. 撮影時に注意すべき3つのポイント

何度も紹介しているように、パネル写真は指名数が大幅に変わる重要なツールです。そのため、なるべく綺麗に、かつ魅力的に撮影してもらう必要があります。

ここからは、パネル写真を撮影する際の注意点について解説します。パネル写真を撮影したことがない方はもちろん、パネル写真の撮影時に不安を持っている方はぜひ参考にしてください。

3-1. メイクの仕方

実物を見て綺麗に見えるメイクと、写真映えするメイクは異なります。

パネル写真は明るいライトを当てて撮影するため、顔のパーツが目立ちにくくなったり、色が白くなったりします。この点を踏まえると、基本的にメイクは濃いめにして、度が過ぎる美白メイクなどは控えることをおすすめします。

ライトの影響で、アイブロウやアイシャドウなど、目元付近のメイクは薄くなってしまうため、実物を見たときに濃すぎるように見えるくらいにしっかり描きましょう。

一方で、顔の凹凸は白飛びすることによりのっぺりと見えてしまうため、ノーズシャドウやハイライトをしっかり入れて、立体感を強調します。
加えて、リップやチークも濃いめの赤やピンク系を使って、色気を強調すると良いでしょう。

3-2. ヘアセットはこう

ヘアセットは、暗髪ストレートや緩く巻いた巻き髪が人気です。

染めていた髪が伸び、プリンになってしまっていたり明るすぎたりすると、清潔感に欠けてしまいます。性的なサービスを提供する風俗嬢にとって、不潔な印象は避けるべきです。

とは言え、ギャル系風俗であれば明るい髪色が好まれるなど、お店のコンセプトや客層によっても好まれるヘアセットは異なるため、お店のスタッフに相談することをおすすめします。

3-3. 服装・下着の選び方

服装・下着は、自分の好みではなく男性に評判の良いものを着用することが基本です。

まずデザインとしては清楚系で、色は白やピンクなどのパステルカラーが好まれる傾向にあります。
しかし、服装や下着もお店のコンセプトによって系統が大きく異なるため、ヘアセットと同様、どのような服装や下着が良いのかは、事前にお店のスタッフに聞いておくと良いでしょう。

4. 一人で抱え込まずに相談しよう

SNSが流行している現在、自撮りをする女の子も多いため、「写真撮影には自信がある」と考えている方も多いはずです。しかし、実際にパネル写真を撮影してもらうとなれば、緊張してなかなか上手に撮影できないというケースもあります。

このようなケースを防ぐため、最後に「もしもパネル写真で悩んでしまった際に相談すべき相手」を紹介します。パネル写真を上手に撮影したい方は、一人で抱え込まずに相談することが重要です。

4-1. カメラマンに相談する

パネル写真を撮影するカメラマンは基本的に、プロの人間です。パネル写真の撮影には当然慣れているため、ポージングや表情なども相談すればすぐに提案してくれます。

また、自分がよく見せたい長所や、反対にあまり見せたくない短所については、あらかじめカメラマンに伝えておくと良いでしょう。認識を合わせておくことで、より希望通りの写真に仕上がります。

4-2. お店のスタッフに相談する

お店のスタッフは数々のパネル写真を見て、「このお店で指名が入りやすいパネル写真の特徴」をきちんと把握しています。

自分だけが納得のいく写真を撮影するよりも、お店のコンセプトや客層を最も把握しているスタッフに相談して、指名が入りやすい写真を目指した方が得策とも言えるでしょう。

まとめ

風俗でのパネル写真は非常に重要で、指名のカギを握っています。そのため、今回ご紹介したようなポイントを押さえ、魅力的なパネル写真を作る必要があります。

しかし、「魅力的なパネル写真」が何かわからないまま撮影しても、お客さん受けの良いパネル写真から遠ざかってしまう可能性があります。パネル写真に悩んだ際は、カメラマンやお店のスタッフに相談してみるのも良いでしょう。

1万円が当たる!
関連記事
スカウト登録して1万円貰えるキャンペーン