満足度が高いフェラの平均時間は?長すぎた時の対処法も! - 風俗コラム

全国版

掲載店舗4,952

女性会員99,205

いちごなびからの応募でもらえる、入店応援金15,000円
風俗求人いちごなび 風俗コラム いちご白書 稼げる性テクニック 満足度が高いフェラの平均時間は?長すぎた時の対処法も!

いちご白書は、風俗求人サイト「いちごなび」が配信しています。
掲載店舗数4952件を誇るいちごなびは全国各地の風俗求人情報が満載!きっとあなたに合ったお仕事が見つかります♪

満足度が高いフェラの平均時間は?長すぎた時の対処法も!

セックスの時、彼氏やお客様に喜んでもらいたいと思ってフェラをする女性は多いでしょう。

girl_smile

セックスの時、彼氏やお客様に喜んでもらいたいと思ってフェラをする女性は多いでしょう。

しかし、フェラを長い時間すると体力面でも疲れてしまいます。一方、短い時間で終わってしまうと手抜きだと思われる可能性もあるため、実際に男性が満足するフェラの平均時間を知りたいという女性も少なくありません。

そこで今回は、フェラで満足する時間は、恋人とお客様では異なることをわかりやすく解説します。長時間のフェラに疲れてしまった時の対処法も紹介しているため、参考にしてください。

1. フェラについて学ぶ

フェラは女性側が主導権を握ることができる、オーラルセックスのテクニックを指します。男性の多くは、女性からフェラをされると喜ぶ場合がほとんどです。

ここからは、フェラとは何かということを解説します。加えて「イラマチオ」といったフェラに似ているプレイスタイルも存在するため、2つの違いについても解説します。

1-1. そもそもフェラとは

フェラとは「フェラチオ」の略で、口と舌を使い相手の男性器を咥えて、愛撫する性行為のことを言います。他の呼び方としては「オーラルセックス」や「ペッティング」とも呼ばれ、前戯として行われることが多いテクニックです。

風俗店で働く場合、フェラチオは一般的なサービスとなります。フェラのテクニックが上達することによって、お客様を早くイカせることができるため、女性側も楽をすることができます。
また、フェラのテクニックがうまい人は人気嬢になることも多いため、バナナを使って練習したりAVを見て研究したりして、テクニックを上達させましょう。

1-2. イラマチオとの違い

「イラマチオ」は、フェラチオと口でペニスを咥えるプレイスタイルが似ていることから、よく間違えられやすいプレイです。女性側が主導で奉仕するフェラと違い、イラマチオは男性側が主導で女の子の頭を掴んで前後させたり、腰を振ったりして強制的にフェラをしてもらうプレイです。

よく「イマラチオ」と呼び方を間違えている人がいますが、正しくは「イラマチオ」となります。名称を間違えないように気を付けましょう。

1-3. 男性はフェラをしてほしいと思っているのか

多くの男性は、セックスの時に女性からフェラをされたいと考えています。
女性のうち2人に1人以上がプレイ中にフェラをしていることや、男性にとっては女性が特別なことしてくれるという支配欲や優越感に満たされることが、人気の理由です。

膣内と違い口の方が締まり具合や上下左右の動きを調整しやすく、フェラは膣内に挿入するより気持ちがいいという男性もいます。

2. 満足度が高いフェラの時間は相手によって変わる

一般的にフェラの平均時間は10〜15分くらいといわれています。しかし、相手が恋人なのか風俗店のお客様なのか、その時の状況によって相手の満足度は変わります。

男性が満足する時間を把握することは、男性に気持ちよくなってもらうために非常に重要です。

ここからは、状況別によるフェラのプレイ時間と効果的な時間配分について解説します。通常とは逆に短い時間の場合でも相手の満足度合いが上がるケースもあるため、その点についても解説します。

2-1. 相手が恋人の場合の時間

女性目線ではフェラの時間は10分以内がちょうど良いと考える女性が多く、それ以上の時間は疲れるため避けたいという人も少なくありません。しかし、一般的に平均時間は10~15分くらいと言われており、その平均時間は男性が満足できる時間ともなっています。

実際にフェラを行う際の流れは、最初に男性のズボンや下着の上から男性器を優しく撫でながら、2〜3分くらいかけて焦らします。続いて2分程度でゆっくりズボンやパンツを脱がし、残りの10分程度でフェラをするイメージです。

2-2. 相手が風俗のお客様の場合の時間

フェラが好きなお客様はフェラのプレイ時間で満足度が大きく変わります。もちろんテクニックも重要ですが、プレイ時間はテクニックと同じくらい重要です。

風俗店で働く場合は、1日の間に多くのお客様から指名された場合、1日でフェラのプレイ時間は数時間になることもあります。フェラ好きのお客様はプレイ時間が長ければ長いほど、満足度もアップします。
お客様が満足する基本的なフェラの時間は、1回につき20分程度となります。20分より短いとフェラをしたくない女性だと思われてしまうため、最低でも20分はできるようにしましょう。

2-3. 相手が誰であれ5分は短い?

男性が早漏ですぐにイってしまう場合や、女性のテクニックがとてもうまい場合、短い時間で相手の満足度合いを高めることができます。そのため、実際のところ男性が満足するフェラの時間はケースバイケースです。

相手が恋人であれば挿入前の前戯の1つとして、フィニッシュまでいかず途中でフェラをやめることもあるでしょう。
一方、風俗でお客様相手にフェラをする場合、お客様がフェラ好きの場合は短い時間で満足しないことがほとんどです。お客様次第では手抜きだと思われる可能性もあるため、気をつけましょう。

3. フェラの時間が長すぎて疲れた時の対処法

フェラは多くの男性が女性に求めている行為ですが、長い時間フェラをすると疲れる女性も少なくありません。

顎や首が疲れるという人も多くいますが、疲れた時の対処法を実行することで、疲れを軽減することができます。

ここからは、フェラの時間が長すぎて疲れた時の対処法について解説します。

3-1. 恋人の場合の対処法

長時間のフェラで疲れてしまった時は、「もう入れるね」とペニスを挿入するパターンがおすすめです。フェラは女性主導で行動できるため、「入れていい?」と質問するより、「もう入れるね」と進めることで積極的に次のプレイに移ることができます。

また、フェラの場合は男性が仰向けに寝ているか座っている態勢であるため、女性側は騎乗位の体位でペニスを挿入しやすいメリットもあります。

3-2. 風俗のお客様の場合の対処法

長時間のフェラを好むお客様のために、フェラの手抜きテクニックとより満足度を高める3つのコツを紹介します。

〇玉舐め
タマの全体を唇や舌の先で上下に舐めたり、口に含んで舌で転がしたり、玉を吸って愛撫すするテクニックです。ポイントとして、玉を吸っている時に口で音を出しながら吸うことで、より男性の興奮度合いもアップさせることができます。

玉舐めはフェラとは違った感覚を体験することができ、ゾクゾクした刺激が気持ちいいと感じる男性も少なくありません。

〇舌でちょろちょろ舐める
舌を使って男性器の亀頭やカリの部分などをちょろちょろ舐めることも、おすすめのテクニックです。顎をあまり使わないことから、疲れを軽減することができます。

カリの部分は特に男性が興奮しやすい部分と言われているため、この部分を舐めることで男性からも喜んでもらうことができます。

〇先っぽだけを咥える
男性器が大きい人をフェラする時は、顎をいつもより大きく開ける必要があるため、顎が早く疲れてしまう可能性もあります。そのような時は、亀頭の先っぽの部分だけを咥えると良いでしょう。
咥えながら舌で円を描くように亀頭部分を舐めて、竿を手で上下に動かすことで、相手は高い満足感を得ることができます

疲れた時は、顎や首をあまり使わず舌で亀頭のみを舐めたり、玉を舐めたりするなどして、適度に手抜きをしながら女性側にも負担になりにくい方法を探しましょう。

また、テクニックを磨くためには勉強と実践を重ねることが必須です。自分の努力次第でテクニックは上達するため、常に向上心を持って取り組むことが重要となります。

まとめ

ここまで、フェラの概要や男性が満足できる時間、そして疲れた時の対処法について解説しました。

相手の男性が恋人であるのか、風俗のお客様であるのか、それぞれの状況によって満足度は変化します。しかし、どちらにおいてもフェラが喜ばれることは変わりありません。

慣れるためには時間がかかる行為ですが、少しずつ実践を重ねてテクニックが上がるようにしましょう。

1万円が当たる!
関連記事
スカウト登録して1万円貰えるキャンペーン 女の子同士でお喋りするならいちごなび風俗提示板へ