フェラでも性病にかかる?喉から来る性病や症状・対策をご紹介! - 風俗コラム

全国版

掲載店舗4,952

女性会員99,205

スカウト登録1万円キャンペーン
風俗求人いちごなび 風俗コラム いちご白書 女の子のお悩み フェラでも性病にかかる?喉から来る性病や症状・対策をご紹介!

いちご白書は、風俗求人サイト「いちごなび」が配信しています。
掲載店舗数4952件を誇るいちごなびは全国各地の風俗求人情報が満載!きっとあなたに合ったお仕事が見つかります♪

フェラでも性病にかかる?喉から来る性病や症状・対策をご紹介!

フェラをすると性病にかかるリスクがあるのか、疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

girl_smile

フェラをすると性病にかかるリスクがあるのか、疑問に思う方もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、フェラで性病にかかるのか、喉から感染する性病の種類や痛みについて解説します。また、未然に防げる性感染症対策についても取り上げます。フェラと性病の関係を理解して、適切な対応を取ることができるように理解を深めましょう。

1. フェラでも性病は感染する

まずは、フェラと性病の関係について理解しましょう。

フェラでも性病に感染することがわかっており、十分に注意を払う必要があります。 主に、フェラをすると、喉から性病に感染するため、喉から感染する性病の種類や性病の症状について理解を深めることが大切です。また、自覚症状が現れにくいことも合わせて解説します。

1-1. 喉から感染する性病の種類とは

フェラをした際に喉から感染する性病の種類としては、クラミジアや淋病を挙げることができます。クラミジアや淋病の原因となる淋菌は、39度以上の高温や30度以下の低温では生存することができません。 そのため、基本的には人から人への感染が主な感染経路であり、フェラをすることで感染する可能性も高まっていきます。 フェラを含めて、1回のオーラルセックスでクラミジアや淋病に感染する確率は10%から30%とされており、決して人事ではないため注意が必要です。 相手を気持ち良くしてあげることも大切ですが、まずは自分自身の体を最優先に考えることがポイントです。

1-2. 喉の性病の症状とは

続いて、喉から感染する性病の症状について解説します。クラミジアに関しては、下腹部の痛みや排尿時の痛み、帯下の増量や不正出血といった症状が現れることがあります。感染したことに気づかずに放置しておくと、子宮外妊娠の原因や不妊症につながるリスクがあるので注意が必要です。

さらに、淋病に関しては喉の痛みや腫れ、違和感につながることがあります。発熱などの症状が現れることもあり、体全体に負担がかかっていきます。

クラミジアや淋病は風邪と似たような症状や感覚になるため、なかなか気づきにくいですが、きちんと治療すれば簡単に直すことができます。喉や体全体に違和感を覚えたら、まずは医療機関を受診することが大切です。

1-3. 自覚症状が現れにくい

フェラから生じる性病については、自覚症状が現れにくいという特徴が挙げられます。特に風邪を引いたと勘違いしている場合、医療機関への受診が遅れて症状が悪化してしまう可能性があります。

まずは最大限できる予防策を実行しつつ、フェラをした後に通常とは異なる感覚を抱いた場合は速やかに医療機関を受診しましょう。具体的な予防策については次段落以降で取り上げます。

2. フェラによる喉への感染を防ぐためには

ここからは、フェラによる喉への感染を防ぐためにできることを解説します。一般的にはセックスで感染すると考えられることが多い性病ですが、フェラでも感染することがあります。

そのため、未然に防ぐことができるのであれば対策を講じることが有効です。風俗店の場合は不特定多数の男性と関係を持つことになるので、より一層の注意が必要です。そのためのポイントや考え方について理解を深めましょう。

2-1. 体調不良のときは出勤しない

まず、喉への感染を防ぐためのポイントとして、体調不良の時は出勤しないことが挙げられます。体調が悪い日や病み上がりの場合は体全体の免疫力が低下している可能性があります。その状態でフェラを含めたサービスを行うと、クラミジアや淋病といった性病に感染しやすくなります。

少しでも体調が悪いと感じたら無理に出勤するのではなく、病院に行って診察を受けることが大切です。自分の体は自分で守るように意識して行動することが第一のポイントです。

2-2. ディープスロートは避ける

フェラによる喉への感染を防ぐためには、ディープスロートを避けることも大切です。ディープスロートとは喉の深くまで男性器を加える行為のことで、女性側の負担も大きくなりがちです。

無理をして男性器をすっぽり収める必要はなく、亀頭の部分を中心に舐めてあげるだけでも十分です。身体の限界以上にサービスを行わないようにすることで、自分自身の体を守ることができます。男性を気持ち良くさせることを意識しつつ、無理は禁物であることを肝に銘じましょう。

2-3. NGプレイを増やす

フェラによる喉への感染を防ぐためにはNGプレイを増やすことも有効です。風俗店では不特定多数の男性と関係を持つこととなりますが、お客さんによっては多くの要望を言ってくるケースがあります。 その中でできるものは対応すれば問題ありませんが、できないと感じた行為については無理して行う必要はありません。

あらかじめお店のスタッフと話をしておき、できないプレイがあれば事前に伝えておくことが大切です。特にディープスロートを強要してくるお客さんには注意が必要です。これ以上は無理だと感じたら、すぐに行為を中断するなど主導権を握ってプレイをコントロールすることが重要です。

3. 性病感染の対策は?

ここからは、性病感染の対策について解説します。体調不良の際は出勤しないことや、ディープスロートを避けるなどの対策を講じることも重要ですが、他にもプレイ中やプレイ前後にできる対策があります。

また、フェラなどの性的接触があった場合は、確実に定期健診を受けることが大切です。自分では気づいていなくても、何らかの症状が出ている恐れもあります。自分で判断するのではなく、第三者の視点を入れることが求められます。

3-1. フェラにもコンドームを使用

まず、性病感染の対策としてフェラにもコンドームを使用することが挙げられます。コンドームはセックスの際に利用するものですが、フェラにも使用することがおすすめです。 直接性器を舐めないようにすることで、少しでも性病に感染するリスクを抑えることができます。

最も大切なことは自分自身の体を守ることです。風俗店に応募する場合は、面接の際にコンドーム着用でフェラをすることが可能かどうか確認することも有効です。ゴムフェラはできないと言われた場合、他のお店を検討しましょう。

3-2. プレイ前後にうがい薬で消毒

プレイ前後にできる対策として、うがい薬で消毒することが挙げられます。うがい薬を使用することで、口の中や喉を消毒することができます。清潔な状態を保った上でフェラをすることで、性病対策につなげられます。

うがい薬はそれほど高価な医薬品ではなく、1,000円前後で手に入れることができます。お店側がうがい薬を用意してくれることもありますが、自分で購入しておくこともおすすめです。プレイ前後のうがい薬での消毒は、手軽にできる性病対策として効果的です。

3-3. 定期検診を受けよう!

性病感染の対策として意識しておきたいこととして、定期健診を受けることも挙げられます。風俗店で働く場合は、特に定期健診を受けることが大切であり、定期健診の診断票を持参することで採用される可能性も高くなります。

また、実際に入店した後も良好な状態であることを客観的に証明することで、お客さんを紹介してもらいやすくなります。

定期健診の受診は、お店側としても風俗嬢としてもメリットがあることです。また、万が一性病にかかってしまっても、それは全く恥ずかしいことではありません。性病にかかったことを恥ずかしがるのではなく、治していくことに集中しましょう。

まとめ

「フェラでも性病にかかることがあるのか」という内容を中心に解説しました。実際にフェラでも性病にかかるリスクがあることを認識して、事前にできることがあれば対策を講じることが大切です。

お金を稼ぐことも大切ですが、自分の体を守ることも大切です。性病にかかることは珍しいことではなく、誰もがかかってしまうリスクを持っています。定期健診などを活用して、できるだけ良好な状態を保てるように心がけていきましょう。

1万円が当たる!
スカウト登録して1万円貰えるキャンペーン 女の子同士でお喋りするならいちごなび風俗提示板へ